産後でも?姿勢だけで美も健康も手に入るという事実

fvig02000029

出産後のママは悪い姿勢になりやすいという事実!美しい姿勢を簡単に取り戻すコツとは?姿勢が良ければ年齢も若く、美しく、元気に見られて、腰痛や肩こり、冷え性や便秘、肌荒れを防止できます。

出産後は悪い姿勢になっている

妊娠中はお腹が大きく=腹筋が伸ばされている状態です。つまり出産後のママはお腹の筋肉の力が抜けた状態。これは悪い姿勢になりやすい状態です。

良い姿勢とは、全身の骨格と筋肉のバランスが良い。ということ。腹筋に力が入らなければ体のバランスは良くなく、悪い姿勢ということです。産後、お腹に力が入らない状態は全身のバランスを欠くため、意識しないと良い姿勢を保つことが出来ません。

姿勢が悪いだけで内臓負担や冷え症に

姿勢が悪いのは、体の一部に負荷がかかり続けている状態。右足だけに体重がかかったり、肩に力が入りすぎたりしていませんか?それが腰痛や肩こりの原因になっているかもしれません。

また、姿勢が悪いと内蔵にも負担が。便秘になったり、血流が悪くなって冷えをもたらします。便秘や冷え性が女性にどれだけ不利益をもたらすかは周知のところ。肌荒れにもつながって、美しさも損なわれます。また、姿勢が悪いだけで年齢が老けて見られることも忘れないで…

産後は姿勢が悪くなっていることが多いのです。腹筋に力を入れて、出産前の良い姿勢を思い出しましょう。

簡単に良い姿勢が作れる

良い姿を意識しても維持するのが難しいと思いませんか?しかし家事や子育ての日常生活で、お腹に力を入れるだけでもOK。いきなり苦しいエクササイズをするとかえって体の負担になることがあるので注意しましょう。

立ったり座ったり、ベビーを抱っこする時に腹筋を意識しましょう。実際のところ、赤ちゃんを抱っこする際も腹筋を意識すると抱っこがしやすく、体もラクなのです。産後の腹筋は日常生活の中で徐々に回復できるようにしましょう。

日常生活で美しい姿勢を作る方法

育児や家事で簡単に出来る、体のバランスを良くする行動です。腹筋が回復したり、体の歪みを整えることが出来ます。

バッグを左右の手で持つ

いつも片方の手だけでバッグを持つと左右のバランスが崩れてきます。時間やタイミングでバッグを持つ手を変えましょう。両手にバッグを持つ時も、重さが異なる場合は持ち替えを。肩かけバッグはさらに注意が必要です。

利き手を使わない

掃除機や歯磨きなど簡単な動作は、利き手でない手で行なってみましょう。体のバランスを取ることができます。

だっこは重量挙げで

子供を抱くときは足を開いて腰を落とし、子供を抱えて一呼吸置いてから立ち上がります。重量挙げ選手の要領です。腰を高くしたまま上半身を落としてヒョイと抱き上げるのは腰を痛める原因になります。

美しい姿勢を作るエクササイズ

産後の腹筋の回復にエクササイズをするとさらに効果的です。子育てや家事の空き時間、例えばお湯が沸騰するまでのあと数分、なんてちょっとした時間に行える簡単な美姿勢運動です。筋肉で体が引き締まれば、体重が同じでもスッキリスタイル良く見えますよ。

ウエストのツイスト

  1. 足は肩幅に開きます
  2. 両手の指先を胸の前で合わせます(息を吸う)
  3. 腰から上だけを右にひねります(息を吐く)
  4. 上半身を戻します(息を吸う)
  5. 左も同様に行います

椅子に座って片足ずつ上げるだけでも下半身強化になりますよ。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ