自由研究にもオススメ 手作りアイスキャンディー

em154_l

暑い夏にはひんやりしたデザートが恋しくなります。子供のおやつにアイスキャンディーを手作りしてみませんか?自家製なら添加物も含まず、天然素材の手作りアイスが楽しめます。しかも凍らせるときに、自由研究もできちゃう?!アレンジを加えて、いろいろなアイスキャンディを作ってみましょう。

手作りアイスキャンディーの魅力

おやつを手作りすると

などがあります。

これはアイスキャンディーでも同じこと。市販のアイスキャンディーをよく食べる家庭なら特に、おやつにかける費用を節約できます♪

手作りのアイスキャンディー

アイスキャンディーはジュースを凍らせるだけでも作れます。

ハート型 アイスメーカー 製氷皿

ハート型などかわいい形のアイストレイ(製氷機の型)を使えば、見た目も楽しくなりますね。

アイスキャンディで自由研究の課題をしよう

ジュースを凍らせるだけでは、アイスキャンディーというよりもただの氷。市販のアイスキャンディーのようにするには、一気に冷やす必要があります。

しかしそうはいっても家庭用冷凍庫では限界があります。そこで使うのが氷と塩。缶ジュースなどを冷やすときに、氷に塩をかけて急速冷蔵したことはありませんか?それと同じ原理です。

  1. 氷に塩をかける
  2. 氷が溶けやすくなる
  3. 氷が溶けることで、周囲の熱を奪う

ということだそうです。

身近にあるものを使ってできるし、アイスキャンディーも作れるし!夏の自由研究の課題としてもオススメです。

アイスキャンディーの型はどれがいい?

アイスキャンディーの型はキッチングッズとして販売されています。

個人的には棒付きのアイスキャンディーが好きだな。


アイスポップトレー

うさぎデザインが可愛いアイスキャンディー型!フタになっているから、こぼれる心配もありません。でも棒付きだと小さい子供に持たせるのはちょっと心配。

シリコンアイスキャンディ型3色セット

シリコンケースごと握って食べるアイスキャンディ型なら、棒も使われていないので小さい子供でも安心です。フタ付きだから冷凍庫内でジュースがこぼれるという事故も起きにくいですよ。

3個セットで値段も手頃なので、ベルメゾンネットのアイスキャンディ型がクチコミで人気になっていました。

しかしわざわざ型を買わなくても、ビニール袋にジュースを入れて割り箸を挿し込んで固めれば棒付きアイスキャンディーを作ることができます。アルミだと熱伝導もいいし、お弁当用のアルミカップをを使ってもいいかも。

アイスキャンディーのアレンジ方法

せっかく手作りでアイスキャンディーを作るなら、オリジナルのアレンジをしたいですね。

ちょっとした工夫で、オリジナルのアイスキャンディレシピが作れますよ。

炭酸水にはご用心

ソーダ味やコーラ味の炭酸飲料の風味のアイスキャンディーは多く市販されています。しかし実際に家庭で炭酸飲料をペットボトルのまま凍らせると・・・爆発します。これは炭酸水が過冷却を起こすことで、起きるんですって。

炭酸水を使ったアイスキャンディーを作る場合は、量は少なめにしましょうね。私は試したことがないのだけど、炭酸飲料を凍らせてもシュワシュワ感はなくなって、ただの甘いアイスキャンディになるそうですよ。



この記事の評価

★★☆☆☆

  

▲ページトップへ