かわいくて栄養満点なキャラ弁を簡単に作る方法

36334n11ckgu45x

見た目がかわいいのに栄養バランスが良いお弁当作りのコツや、簡単にキャラ弁が作れるグッズの選び方のポイントです。子供が楽しく食べられるお弁当を作って、完食する喜びを知ってもらいましょう。

キレイなお弁当作りのコツ

お弁当をおいしそうに見せる基本は色どりを綺麗にすることです。赤・黄・緑の食材をバランスよく入れることによって、お弁当全体が華やかになります。

お弁当にいれやすい食材では

はお弁当に使いやすい食材です。

キレイなお弁当は栄養バランスも良い

黄、緑、赤の3色をお弁当に入れると栄養バランスも整えやすいです。

栄養バランスを良くするには、それぞれの色の食材を一つずつお弁当に入れます。ただし1色をお肉系にしたら、残り2色は野菜にします。例えば黄を卵にしたら、緑はブロッコリー、赤はプチトマトにします。

揚げ物や煮物ばかりだとお弁当が茶色っぽくなり色どりが悪くなってしまうので、バランスよく入れていきましょう。

子供向きのかわいいお弁当作グッズ

幼稚園くらいの子はキャラ弁を喜びますよね。一生懸命キャラ弁を作るお母さん(たまにお父さん)もいます。「でも毎日作るのは大変・・・」という方に!キャラ弁にしなくても、お弁当グッズを使うだけでお弁当が可愛くなります。

ピック

 動物フォークピック
いろんな色の動物がいるので、食材によって動物を変えて色のバランスを良くすることができます。例えばプチトマト+くまは色合いの華やかさに欠くので、犬猫うさぎのどれかを使います。

 パンダピック
パンダは白黒なので、どんな食材を差してもOKです!特定の動物を好む子でなければパンダが使いやすいかも。

こういった1本が一色で飾りモチーフが小さいピックは、キャラ弁の代わりとしては地味な印象になります。このタイプのピックは、ピクニック弁当の重箱にいっぱい入った唐揚げに差すとかわいいです。

バラン(仕切り)

お弁当グッズ キャラ弁 くいしんぼバラン
このバランセットには「おいしいよ」と書かれたものが入っています。ひらがなが読めるようになった子に喜んでもらえそうですね。

シリコン製レタスのバラン
本物の野菜のようなデザインで使いやすいバランです。お父さんのお弁当にも使えておトクかも。まだ生野菜を食べられない小さな子のお弁当に、緑の彩りとして使えます。

おかずカップ

パンダとおさるのおかずカップ
このカップはおかずを入れても動物が飛び出して見えるので、お弁当箱のフタを開けた瞬間、楽しい気持ちになります。

シリコン製いぬ型カップ
シリコン製のおかずカップは電子レンジに入れられるので、カップケーキにしちゃうといいと思います。ホットケーキミックスを野菜ジュースで溶いてチーズを入れれば、ケークサレのようにおかずになりますよ。

こういったお弁当グッズを使うと、それだけでお弁当がかわいい雰囲気になります。

お弁当グッズを選ぶコツは、色取りがカラフルなモノを選ぶこと。お弁当全体が明るい色合いになって華やかになります。また上で紹介した、赤、黄、緑の食材で足りない色をお弁当グッズで補うと色を整えやすくて手軽です。

とっても簡単なキャラ弁作り

「絶対にキティちゃんがいい!」とか「ポケモン命!」という子供には、大好きなキャラクターでお弁当を作ってあげたくなりますよね。キャラ弁を作るのは時間と手間がかかりますが、道具の選び方で、手軽に作ることもできます。

カット海苔

あらかじめキャラクター型に切り抜いてある海苔です。ご飯に載せるだけでキャラ弁になります。

くまのプーさんカット海苔
キティちゃんカット海苔

「トーマスの顔に見えない」ということで、きかんしゃトーマスのカット海苔は口コミがイマイチでした。

ふりかけテンプレート

ふりかけテンプレートは、粒が細かいふりかけを使うとキャラクターの顔がはっきりします。「カット海苔はゆがまないよう海苔を置くのに気を使うから、ふりかけテンプレートの方が簡単」という人もいますよ。

アンパンマンふりかけテンプレート

ドラえもんふりかけテンプレート
ドラえもんのお弁当グッズって少ないので、このテンプレートは貴重かもしれません。

毎回、気合の入ったキャラ弁づくりは続けるのが大変です。時間の無い時に備えて、簡単に使えるキャラクターのお弁当グッズを用意しておくと安心ですよ。

Image: photostock / FreeDigitalPhotos.net



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ