子供も嬉しいおせちの選び方

oseti

お正月に欠かせない料理といえば、やっぱりおせち!伊達巻、昆布巻き、伊勢海老、数の子・・・お正月の期間にしか食べない料理も多くありますよね。でも子供ってあんまりおせち料理を好きじゃないことも多いです。子供も喜んで食べられるおせちってあるのかしら?

子供はおせちがキライ?

こどもの頃っておせち料理好きでしたか?私はあまり好きではありませんでした。。。

例えば田作りや昆布巻きは色も地味だし、なますは酸っぱいし!大人がありがたがって食べているのが不思議でした。

でもそんなおせちの中でも栗きんとんや伊達巻、黒豆などは甘くて好きでした。

子供が喜ぶおせち

結局おせち料理って、普段食べ慣れていない料理が多いから子供にはあんまり人気がないんじゃないかなぁと思っています。

最近はおせち料理を購入する家庭が増えてきていますが(我が家も購入派です)、「こども重」のあるおせち料理もあるんですよ。


おせち詰合せ/ディズニー

人気のディズニーキャラクターがいっぱい!

一の重は定番のおせち料理や煮物、二の重にはディズニーキャラクターをモチーフにしたかまぼこや子供が食べやすい料理が入っています♪


おせち詰め合わせ/アナと雪の女王

2014年、大ヒットした「アナと雪の女王」のおせちもありますよ!

でもお重とプリントクッキーがアナ雪仕様なだけで、おせち料理は普通のシンプルなものになっています。そこがちょっと残念だけど、さわやかなブルーのお重がステキです。

キャラクターおせちのお重は後日運動会やピクニックなどのお弁当箱や、お道具箱などに使えるのが嬉しいですね。

パッケージ的にキャラクターおせちは魅力的だけど、中華おせちや洋風おせちもオススメ。


中華おせち ★謝朋殿 二段八角重

エビチリ、肉団子、チャーシュー。子供も好きな料理も多く入っています!

普段から馴染みのある料理も、お重に入るだけできちんと「おせち」になりますね。

伝統に触れられるおせち

おせち料理にはいろんな料理が入っています。それぞれの料理にきちんと意味があるんですよ。

黒豆 「まめ」に働けますように、という願いが込められている
数の子 子宝と子孫繁栄
田作り 五穀豊穣
海老 腰が曲がるまで丈夫という、長生きの象徴
昆布巻き 「よろこぶ」の語呂合わせ
栗きんとん 黄金色に輝く財宝に例えて、財産や豊かさを願っている

小学生男子が喜ぶようなダジャレも含みつつ、こうしてみるとどの料理も一年の始まりに欠かせない、縁起のいいものばかりですね。

近年ではおせち料理を作る家庭が減ってきています。市販のおせちでも、子供と一緒に盛りつけるだけでも伝統を学ぶ機会になると思います。

家庭で作る離乳食おせち

oseti kuro

ネットを見ていたら、おせちを離乳食にアレンジする方法を見つけました。

子どもと一緒におせちを食べよう!(All About)

赤ちゃんの生まれて始めてのお正月を、離乳食おせちで楽しめたらパパもママもうれしいですよね!

コツとしては味付けは薄めに。これは離乳食全般に言えることですね。ですから大人のおせちのように何日も保存できません。作った分を一食で食べきりにしましょう。

雑煮

ニンジンや大根などの具材を柔らかく煮込み、お餅の代わりに白玉を代用します。

白玉のサイズは指先で丸めたくらいがいいかもしれませんね。大人の一口サイズの白玉なら、赤ちゃんの喉に詰まらないようスプーンで小さく切って食べさせてあげます。

栗きんとん

赤ちゃんに馴染みがあって、食べやすいサツマイモできんとんを作れば、喜んで食べてくれそう。

数の子

ポテトサラダに混ぜる方法があります。しかし数の子は塩分が強いので、しっかり塩抜きをして、離乳食完了期にごく少量、をお勧めします。

ちょっとした工夫で離乳食期の赤ちゃんでもおせちが楽しめますね!

お重・・・は大きすぎてムリかもしれないけど、和風な色合いのお弁当箱に詰めると、見た目もおせちらしく楽しく仕上がりそうです。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ