卒乳時期はいつ頃?先輩ママの卒乳テクニック

a0006 001828

授乳をしているときに幸せを感じるママは多いですが、いつまでもおっぱいをあげるわけにもいきません。かといって無理矢理断乳させるのもかわいそう。自然な流れで卒乳できるコツはあるのでしょうか?

卒乳の時期

赤ちゃんが卒乳をする時期はその子によってまちまちです。今までは生後1年を目安に卒乳をさせる風潮があったそうですが、昨今では赤ちゃんがおっぱいを欲しがらなくなるのを自然に待つことが多いそうです。なので昔よりも卒乳の時期は遅くなってきているそうです。

現在の卒乳の時期で多いのは1歳半ごろだそうです。薬の服用や仕事に復帰するなどママの都合で卒乳をさせる場合もありますが、授乳の時間を大切なふれあいの時間としている場合は特に急いで卒乳させる必要はないようです。

ミルクの卒乳

母乳で育てている場合は卒乳時期をそれほど気にしなくても問題ないですが、哺乳瓶でミルクを与えている場合は1歳半頃に卒乳するようにしましょう。ミルクを使用している場合、1歳半をすぎると虫歯になりやすくなるそうです。

卒乳のコツ

卒乳をするには計画的に行うのが一番。まずは飲ませる時間を減らし、回数を減らし・・・と徐々に授乳の時間と回数を減らしていきます。とにかくいきなりおっぱいを断つことは、赤ちゃんにとってもママにとっても無理なことです。少しずつ調整していくようにしましょう。おっぱいの代わりに水をあげたり、抱っこしてしっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

先輩ママの意見を聞くと卒乳がスムーズにいったママと苦労したママに大きく分かれるようです。あっさり1日で卒乳できてしまう子もいれば、2週間かかる子もいます。いずれにしても無理して慌てて卒乳させる必要はありません。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ