お年玉をあげるときのルール

osn0028-049 m

こどもにとって、お正月の楽しみのひとつはお年玉。普段のおこづかいでは足りない金額のおもちゃもお年玉なら買えるので、子供にとってお年玉は一大行事。でも大人にとってはいくらあげたらいいのか悩んでしまう行事ですよね。

お年玉の相場は何円?

お年玉をもらう側だった子供の頃は、お年玉の相場なんて考えたこともなかったです。

学年が上がって、お年玉の金額もあがって、わ〜い♪

と、喜んだ記憶しかありませんf(^^;

大人になった現在、何歳の子にいくらくらいあげたらいいのか悩んでしまいます。

otoshidama-2

幼稚園以下 1000円未満
小学校低学年 1000円
小学校高学年 3000円〜5000円
中学生 5000円
高校生 5000円〜10,000円

大体の目安としてはこうなっているそうです。

未就学児はお札よりも小銭、おもちゃ・お菓子などの方が喜ぶことも多いようです。

お年玉の金額は相場とは関係なく

などのルールを作ってしまうのもアリ。

「去年よりも金額が少ない」というのは、受け取る子供はがっかりするので注意です!あらかじめお年玉の上限をこどもに伝えておく、という方法もあります。

お年玉をあげる時のルール

お年玉には細かい決まりはありません。だからこそ親同士で

を決めておく方が、お互いに安心だと思います。

お年玉をあげる時は親の前で

お年玉を渡すのは、親がいる目の前で!

あげる側としては親にないしょであげてもいいけど、親からすると子供がこっそりもらっているとお礼も言えません。

ポチ袋は必須!

子供だからといって、袋にも入れずにお金を渡すのはよくないです!きちんとポチ袋に入れて渡しましょう。

年齢に合わせてお年玉の金額が増えるように、ぽち袋のデザインも年齢に合わせて変えていく方がいいと思います。

パンダポチ

低学年の時はキャラクターをモチーフにしたデザインの方が喜ばれますが、高学年になったら大人っぽいデザインの方が嬉しい!

エコ封筒テンプレート・ポチ袋

自分の好きな紙でポチ袋が作れる封筒テンプレートなんてものもあります。これがあると、ぽち袋作りにハマっちゃいそう♪

自分の子供がお年玉をもらったら

お年玉はマナーを身に付ける機会でもあります。

お礼を言わせる

モノをもらったら、お礼を言う

illust3238thumb

当たり前のことだからこそ、子供の頃からしっかり身につけさせていきたいですよね。

お正月はお年玉を受け取る時期。お礼を言わないとあげない、というルールを作っておくのもいいと思います。

その場でポチ袋を開けさせない

子供としては、お年玉をもらったらすぐに中身を見たいもの。

でもそれはマナー違反!自分の部屋に戻ってから確認するようにしましょう。

お年玉のお返しは必要?

何かをいただいたらお返しをするのが基本。

ですがお年玉は子供がもらったからと言ってお返しをする必要はありません。お互いの相手に子供がいればお年玉をあげることがお返しになります。

一方に子供がいない場合でも、基本的にはお返しはしなくても大丈夫です。ですがもらってばかりで気になるのであれば、手土産を渡すなど軽めの贈り物をすればいいと思います。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ