子ども連れ旅行で失敗しないお宿の選び方

子どもと旅行

子どもと一緒の一泊旅行、安心して楽しく出かけたいですよね。でもホテルや旅館、周囲の人に迷惑を掛けないか?子供向けの食事は用意してもらえるのか?そもそも子供連れで受け入れてくれるお宿ってあるの?子供連れ旅行でも心配の少ない、宿泊先の選び方や食事の方法です。

子供連れでも宿泊できる宿?

日本全国たくさんの宿泊施設がありますが、赤ちゃんや子供は宿泊不可、というお宿もあります。まずは、子供連れでも泊まれそうなホテルや旅館の選び方を。

老舗旅館

老舗旅館は敷居が高くて、子供は泊まれない。というイメージがありませんか?

しかし私の経験では、たいてい赤ちゃんでも子供でも泊まることができます。

旅行費用に余裕があれば、ある程度のレベルの旅館を選びましょう。スタッフや仲居さんがしっかりしているので、子供のためにいろいろ気を使ってくれます。子供にやさしく声を掛けたり、タオルを多めに貸してくれたり。こちらの家族構成や子供の年齢に合わせてサービスをしてくれますよ。

赤ちゃんや子供プランのあるお宿

ホテル・旅館によっては

などを準備しているお宿があります。こんな宿なら安心して子供を連れて行けますね。

子供用の椅子や布団、離乳食・幼児食が準備されている宿もあります。

楽天トラベルでは「家族旅行・お子様連れ旅行」のコーナーがあります。子供をテーマにした特集は、ホテル探しに役立ちます。

子供は泊まれない宿

最近流行の「大人の癒し宿」みたいな旅館・ホテルは、たいてい子供NGです。中学生以下は宿泊不可、というお宿も。

建物が重要文化財になっているような宿は、万が一のことを考えて、赤ちゃんや幼児は遠慮した方が良いでしょう。

子供連れの宿泊は、食事が心配

子供がマナーを守って静かに食事をしてくれれば、パパママも安心して癒しの旅ができますが…なかなかそのようには…。

食事プランの選び方次第で、案外おとなしく食事できるかもしれませんよ。

お部屋食

食事中、子供が立ち歩いてうろうろするのが心配なら、お部屋食がオススメです。

他のお客さんがいないので、大きな声で歌を歌ってもかまいませんし、食事に飽きたら絵本やおもちゃ、テレビを見せることができます。その間、パパやママはゆっくり食事を楽しめます。

子供用に持ち込んだ食事(離乳食や幼児食のパック商品など)も気軽に食べされられます。

バイキング

会席料理ではお刺身など、子供が食べられない料理があります。しかしバイキングなら、子供が食べられる料理だけを選ぶことができます。

料理を取りに行くのも、子供には楽しいみたい。立ち歩けるので、2時間の食事でも飽きずに過ごせます。

バーベキュー

幼稚園児くらいの年齢なら「鉄板を触ると熱くてやけどをする」ことが分かるのでバーベキューも利用できますね。

ぜひパパに焼いてもらいましょう♪目の前で焼いてもらうお肉やお魚なら、普段よりもたくさんご飯が食べられそうです。

小学生の子供なら自分で調理することを喜ぶので、パパママは座っているだけで、子供がお料理してくれるかもしれませんよ!

離乳食、幼児食

赤ちゃん・子供プランの宿泊なら、離乳食や幼児食を用意してくれるお宿もあります。お子様ランチにはまだ早い、2、3歳の子供連れ旅ならぜひ利用したいですね!

ホテルや旅館によっては、アレルギー食を扱うお宿もあります。

一泊旅行は大変だけど

子供はお出かけが大好き。お泊り旅行なら、なおさら喜んでくれます。春休み・夏休み・冬休みだけじゃなくて、誕生日などの記念日に旅行に出かけるのも、一生の思い出になりますよ。

Image courtesy of Phaitoon/ FreeDigitalPhotos.net



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ