環境に合わせて選ぶベビーチェア

moneymoneymoney

赤ちゃんの食事に便利なベビーチェア。しかし一口にベビーチェアといってもいろんなデザインがあります。食事環境に合わせたベビーチェア選びをしていますか?使いやすいベビーチェアを選ぶことで、赤ちゃんの食事が便利になります。

ベビーチェアの選び方

食事をする環境から選ぶ

食事をする環境がリビングなのか、和室なのか。ベビーチェア選びで最初に重要になるポイントです。

ダイニングテーブルの場合はハイチェア、ローテーブルを使っている場合はローチェアを選びます。ハイチェアとしても、ローチェアとしても使える「ハイ&ローチェア」というベビーチェアもあるので、生活様式に合わせて選びましょう。

ベビーチェアにテーブルは必要?

ベビーチェアにはテーブルが付いたものと、付いていないものがあります。

テーブル付きタイプ

テーブルつきハイチェア

テーブルなしタイプ

テーブル無しハイチェア

テーブル付きタイプでも取り外しできるのがあるので、悩んだら取り外しができるタイプを選ぶといいと思います。

素材は何がいいの?

ベビーチェアに使われる素材は、木製かプラスチックやパイプ椅子が多いです。

木製ベビーチェア

プラスチック製やパイプ椅子のベビーチェア

ベビーチェアの種類

ベビーチェアは大きく分けて

の4種類あります。

ハイチェア

足の高さが長いデザインのベビーチェアです。ダイニングテーブルなど高さのあるテーブルで食事をする家庭に向いています。


日本育児木製NEWハイチェアー

ハイチェアはベビーチェアの中で一番メジャーなデザインです。商品も多くあるので、デザインも豊富です。


STOKKE ストッケTRIPPTRAPP(トリップトラップ)

成長に合わせてイスの高さを変えられるハイチェアもあります。値段は少々高めですが、丈夫な造りになっており、長く使えることを考えればオトクだと思います。

ローチェア

こたつなどの低いテーブルで食事することが多い家庭に向き。食事だけでなく、遊びにも使いやすいです。


大和屋アーチ木製ローチェア

折りたたみもできて収納もしやすいですが、成長に合わせて高さを変えることはできません。

ハイ&ローチェア

高さを調整することで、ハイチェアとしてもローチェアとしても使うことができます。


カトージ ハイ ロー チェア2WAYチェア

食事をする環境や、成長に合わせて高さを変えることができます。環境に合わせて変えられるのは便利だけど、商品が少なく選択肢が限られてしまいがち。

テーブルチェア

テーブルにはめ込んで取り付けるタイプのベビーチェアです。


補助椅子 リッチェル テーブルチェア

テーブルに直接固定するので、厚みが合えばどんな机にも使えます。普通のベビーチェアでは抜けだしてしまう子供には効果がありそうです。折りたたんで持ち運びできるので、お出かけの時にも重宝します。



この記事の評価

★★★★★

  

▲ページトップへ