本当に必要?赤ちゃんのおすわりの練習

thebigchair

多くの育児書によると赤ちゃんがおすわりをできる、するようになるのは生後7ヶ月頃からと言われています。しかし生後7ヶ月でも、後ろから支えていてもグラグラ不安定な赤ちゃんもいます。おすわりはどのように練習したらいいのでしょうか?

おすわりができるようになると

おすわりができるようになる時期は7〜8ヶ月と言われています。おすわりは首すわりに続き、赤ちゃんの成長を知る目安。

ねんねの頃の赤ちゃんが見る世界は平面的なものですが、おすわりができるようになると高さや奥行きを感じるられるようになります。今までは物をつかむときもたどたどしかった動きが、奥行きを感じられるようになって距離感をはかりながら掴めるようになってスムーズな動きができるようになります。

おすわりができるようになったら散歩で外にも積極的に連れだして、いろんな物を見せて赤ちゃんの好奇心を刺激してあげるようにしたいですね。

おすわりの練習

おすわりの練習は首が座って、寝返りがうてる状態の赤ちゃんなら、生後5ヶ月くらいから始められます。うつ伏せにして太ももと肘で体を支えるような姿勢を取るようにすることでおすわりの練習になります。

また、おすわりの練習用の椅子もあります。

【授乳クッション】3WAY【AILEBEBE エールベベ】

赤ちゃんのおすわりサポートだけでなく、授乳クッション、腰痛軽減としても使える3WAYクッションなら無駄なく活用できますね!

とは言っても赤ちゃんの成長スピードは個人差があります。おすわりをしないまま、つかまり立ちができるようになる赤ちゃんもいるそうです。成長過程を飛ばして成長する赤ちゃんもいるので、あまり育児書の目安にはこだわらず見守ってあげましょう。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ