もしかして?赤ちゃんの便秘のサインを見逃していませんか?

hug

赤ちゃんが便秘になる時期は新生児の頃から離乳食の頃までさまざま。便秘のひどさも「なんとなく便秘の兆候」から「慢性的な便秘」まであります。根本的な原因と解消法の基本を押さえて、その子に合った便秘解消法方をみつけましょう。

赤ちゃんの便秘のサイン

2、3日に1回しか便通がなくても、赤ちゃんの機嫌がよければそれがその子の排便リズムで、便秘とは言いません。 赤ちゃんが便秘になっているかどうかのサインは

などがあります。もちろん赤ちゃんの機嫌が悪かったり、腹部に不快感があるようなら便秘の兆候といえます。

便秘の原因と根本的な解決

そもそも排便をするには腸と直腸の筋肉が伸び縮みする動きで便を出します。便が固いと出辛くなります。便がかタイトは水分が不足しているということです。

ですから便秘を解消するには水分を補給して、筋肉の動きが十分であることが必要です。赤ちゃんがたくさん運動をして、喉が乾いたら水分補給をすることが、便秘の解決方法になります。

離乳食は便秘になる

離乳食を開始すると、それまで順調だった赤ちゃんのお通じが便秘になることがあります。

原因

離乳食便秘の解消方法

便秘になりがちだからと離乳食は中断しなくてもかまいません。赤ちゃんが成長して離乳食に慣れるのを待ちます。

便秘対策は上記の水分と運動が基本です。お腹に「のの字」を描くマッサージもおすすめです。

離乳食で便秘になったのなら、解消も離乳食で。便秘を防ぐ食品は、プルーン、桃、柑橘類、野菜、海草、豆などです。便秘を引き起こした食品の代わりとして、離乳食メニューに取り入れてみましょう。

あまりにも便秘がひどくて赤ちゃんが苦しそうだったら、オリーブオイルをつけた綿棒で肛門を刺激するなどの便秘対策を。

 

 

うんちの回数が少ないようですが



この記事の評価

★★★★★

  

▲ページトップへ