メーカー?価格?紙おむつ選び3つのポイント

ChildGroup 083

どんなものでも赤ちゃん用品は多くのメーカーから発売されています。TVのCMでも特によく見かける紙おむつはどのメーカーがいいのかわかりにくく、購入する時に悩んでしまいがち。おむつ選び、3つの極意をまとめてみました。

紙おむつの選び方

サイズ

おむつのサイズがあっていないと、漏れや食い込みなどがおきてしまいます。目安の月齢や体重を参考に、赤ちゃんに合うサイズの紙おむつを使うようにしましょう。メーカーによって腰回り、足回りなどのサイズが微妙に異なります。形や履かせ方も異なるので、自分が使いやすいということも選ぶポイントにしましょう。

おむつの特売で大量に買い込む方をしばしば見かけますが、赤ちゃんの成長は早いので大量に買い込みしたもののサイズが合わなくなってしまうこともあります。必要以上に買い込んでも無駄になってしまうこともあるので、買い込みは控えた方がいいかもしれませんね。

通気性・肌触り

通気性の悪い紙おむつは、かぶれの原因になります。通気性や肌触りのよさは紙おむつ選びの大切なポイントです。メーカーを変えることでおしりがかぶれた、という話もあるので、できれば試供品などで試してから購入したいですね。

吸水性

おしっこはもちろん、ゆるゆるうんちもしっかり吸収できる、吸水性の高い紙おむつを選びましょう。吸水性の低い紙おむつは漏れの原因になります。

プラスアルファの紙おむつ選び

絶対に必要な機能というわけではありませんが、紙おむつは製品によって魅力的な機能が付いているものもあります。

付け直し可能テープ

おむつ替えに慣れるまでは赤ちゃんのウエストサイズに合わせてテープを留めるのはなかなか難しいものです。テープをつけ直せるタイプの紙おむつなら、失敗してもやり直しができます。

あと意外と見落としがちなのはテープを剥がすときの音。剥がすときに音が静かなら、寝ている赤ちゃんのおむつ替えも静かに行えます。

お知らせサイン

赤ちゃんがおしっこをしたかどうかは、見た目だけではわかりにくいこともあります。おむつの表面の色が変わったり柄が出ることで、おしっこをしたことがわかるお知らせサイン付きの紙おむつもあります。

成長に合わせた工夫、ムーニーパンツ下着仕立てたっち~あんよまで M

交換のタイミングが一目でわかるので、おむつ替えを忘れがちな方にはオススメの機能です。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ