失敗知らずのデジカメ撮影術

kid

高機能のカメラを持っていても、撮り方が悪ければいい写真は撮れません。デジカメは画像をすぐに確認できるので、失敗してもすぐに撮り直しができますが、ちょっとした工夫をすることで撮影の失敗を減らすことができますよ。

子供を撮るときの注意点

子供は動きまわるのでシャッターチャンスは一瞬です。画像をすぐに確認して消すことができるデジカメだといっても、失敗は減らしてシャッターチャンスを生かしたいものです。

カメラの高さ

当たり前のことですが、子供は大人よりも小さいです。大人の目線のまま子供を撮影すると、常に上から見下ろした写真になってしまいます。それを防ぐためにも、撮影の時は子供の目線に合わせて撮影しましょう。もちろん写真に変化をつけるために撮影位置を変えるのは効果的ですが、子供の自然な表情を捉えるなら子供の視線の高さにするのがオススメです。

室内での撮影

赤ちゃんを撮影するときは特に室内での撮影が多いかと思います。室内で撮影をするとき、フラッシュは使いますか?

フラッシュを使うとくっきりと影が出たり、被写体だけが光ってしまうという失敗があります。室内で撮影する場合は部屋の電気をつけて全体を明るくするか、窓際で自然光を取り入れて撮影するほうが綺麗に撮れることが多いです。

背景

子供の写真を撮るときは、アップや仕草をメインに撮影することがほとんどです。しかしせっかくのお出かけなら、背景も上手に組み込みたいですね。

子供に限らず人物を撮影するとき、背景はごちゃごちゃしないように気をつけたいものです。できるだけシンプルな背景にすることで、人物も背景も生きた写真になります。特に室内で撮影するときは子供を撮ることに集中しすぎて、散らかった室内が写ってしまうことも・・・。写真はずっと残るものなので、できるだけ綺麗な背景で撮影したいですね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ