実感!3つのポイントで失敗しないマザーバッグ選び

walkingwithmum

後悔しないためのマザーバッグ選びの2つの条件をまとめました。勢いで買って失敗しないオススメ3ポイントも。

マザーバッグの選び方

かわいいマザーズバッグを勢いだけで買うと、後悔することもあります。実際に「ママバッグを買ったけど、思ったより使わなかった」なんて体験談も聞きます。マザーズバッグを購入する前に、自分にとって最適なマザーズバッグの条件を確認しておきましょう。

マザーズバッグ選びの基本1。ママの生活に合わせること

赤ちゃんのお出かけで、荷物を持っていくのはどんな時か。どんなシーンでマザーズバッグを使うのかを考えます。

シーンの例としては近所のお買い物や、市町村主催のベビーサークル、定期健診や予防接種、実家への日帰り帰省、家族での一泊旅行・・・など。

交通の移動手段は電車やバス?車に乗るのか?によって変わります。徒歩でもベビーカーを使うのか、だっこひもを使うのかを考えます。

マザーズバッグ選びの基本2。荷物の厳選

次は持ち歩く荷物を見直します。

おむつだけでいいのか、おむつポーチとおむつ替えシートも必要か?ベビーフードやおやつは必要か?ママの荷物も一緒に入れるのか?など。

お出かけシーンと赤ちゃん荷物の組み合わせ例

以下は赤ちゃんとのお出かけシーンと荷物の組み合わせ例です。

近所のお散歩

ミニタオル、ウエットティッシュ

近所の買い物

ミニタオル、ウエットティッシュ、ママのおさいふ、ママの携帯

電車で買い物

ベビーカーで移動

赤ちゃん荷物一式

ママ荷物一式

オススメのマザーズバッグ基本デザイン

マザーズバッグは様々なデザインがありますが、特に便利な基本デザインを覚えておけば、選ぶのに便利です。

横に長いデザインのママバッグ

バッグのサイズは、縦よりも横に長いデザインがオススメ。中に入れた物を探しやすいのです。

ママバッグの取っ手は幅広がオススメ

バッグの取っ手は幅が広いものがオススメです。子供を抱っこしながらバッグを肩にかけることも多いので、体に食い込まないものが良いのです。

バッグが自立するデザイン

最後は自立するデザインのバッグであること。子供を抱っこしながら、机に置いてあるバッグを手に取ることも多いのです。ですからバッグが自立していると取っ手を持って立ち上がりやすい!バッグの紐や取っ手も自立していると、さらに持ちやすいですね。

ポケットの数はママ次第

マザーズバッグのポケットの数や、ポケットが必要なのかどうかは、バッグを使うママによります。

一般的にマザーズバッグはポケットの数が多いと良いとされます。しかし荷物をそれぞれ、おむつ、哺乳瓶、着替え、おやつ…とそれぞれポーチに入れているママもいるのでは?そんなママはもしかしたらバッグのポケットを使わないかもしれません。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ