ママの味方!秘密のマザーバッグ選び

babyinabag

マザーズバッグの選び方の秘密。ちょっとしたポイントを確認するだけで失敗しないマザーバッグを買うことができます。価格の安いカバンではないので、失敗しない選び方をしたいですね。パパが使える男性向きやユニセックスデザインもポイントです。

赤ちゃんの移動方法で選ぶ

マザーズバッグ選びのポイントのひとつは、赤ちゃんの移動手段です。ママやパパに抱っこされることが多いのか?ベビーカーやカートに乗ることが多いのか?それによってママが使いやすいバッグのデザインが決まります。

ベビーカーやバギーでの移動が多いママは

ベビーカーやバギーを使うなら、バッグを掛けることが多いですよね。ですから

のママバッグがお勧めです。

バッグの形が崩れないと、 バッグの中の物をサッと取り出すことができます。また、ベビーカーにバッグを提げると、こすれたりホコリによってバッグが汚れやすいもの。ですからマザーズバッグはザブザブ洗濯できたり、汚れを落としやすいラミネート加工だと安心です。

抱っこでの移動が多いママ向きのマザーズバッグ

アメリカKemby社の抱っこ紐×マザーズバッグsidekick

子供を抱っこして外出するのなら、肩かけカバンタイプのマザーズバッグがオススメです。選ぶ際のポイントは3点。

紐の長さが調節できる

肩掛け紐の長さが調節できればバッグが体にフィットします。バッグの位置が高すぎると肩に掛けづらいですし、長すぎるとバランスが悪くて動くのに邪魔になります。ママの動きやすい長さに調節できるバッグを選びましょう。

片手で物が取り出しやすい

片手で物を取り出しやすいかどうかは、ポケットの位置にあります。

ママバッグはポケットが多いのが特徴。そのポケットが、バッグの内側よりも外側に多いタイプがお勧めです。子供を抱っこしていると、バッグ内側のポケットから物を取りだすのは大変ですが、外側ポケットならサッと必要な物を取り出せます。特にティッシュやタオル類は外側ポケットが便利ですね。

重量が軽いもの

ベビーキャリーでだっこやおんぶをしながらママバッグを持つのですから、鞄の重量は軽いほどいいですよね。

パパも使えるママバッグを

シンプルなトートバッグタイプ、シックな色合い、フェミニンでないデザインならパパバッグとしても使えます。

ママが子供を抱いた時は、パパにバッグを持ってほしいもの。男性が持ってもOKなデザインのママバッグなら、パパも自然に使うことができます。最近注目のイクメンパパなら、マザーズバッグをパパに選んでもらうのも一つのテ。男性はアイテム選びにうるさいですから、自分で選んだバッグならどんどん育児熱も暑くなりそうですね。ママが楽でき、子供とパパのふれあいが増えるのもうれしいものです。
トートバッグは持ち手の幅が広くて長めの物がオススメ。肩にかけて使うことができます。

リュックタイプ、バッグタイプ、メッセンジャーバッグも

マザーズバッグは買わない

大きなバッグなら帰省や旅行の手持ちバッグとしても使えます。
小さめバッグやミニショルダーははちょっとした買い物やお散歩に使えます。
おむつ、哺乳瓶、着替え、おやつ…とそれぞれポーチに入れているママは、わざわざマザーズバッグを買わなくてもいいかもしれません。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ