ランドセルだけじゃない 入学準備に必要な文房具

stationery

小学校の入学準備として、ランドセルや学習机など大きなモノは下調べをして用意する人がほとんどです。学校生活には鉛筆やノートなどの文房具も必要になってきます。毎日使うものだからこそ、子供が使いやすい文房具を選んであげたいですね。

学校生活に必要な文房具

学校生活に必要となる文房具は、学校や地域によって異なります。学校で配布されるプリントで確認して、必要なものを購入しましょう。

筆記用具

鉛筆

鉛筆はどのようなものでも問題ありませんが、低学年はBや2Bなどの芯の柔らかい鉛筆が指定されることがあります。まずは鉛筆で文字を書くことに慣れることが大切なので、子供が持ちやすい、使いやすい鉛筆を選びましょう。

トンボ・入学専用かきかたえんぴつ 三角軸 2B

通常の鉛筆より15ミリ短くなっているので、低学年の子供でも持ちやすくなっています。三角軸で握りやすいので、鉛筆を持ち始めたばかりの子供でも扱いやすい鉛筆です。

赤鉛筆

赤鉛筆は答え合わせのときに使います。学校によっては赤鉛筆は必要ないところもあるそうです。

三菱赤鉛筆(朱通し六角)

赤と青の2色がくっついた赤青鉛筆もありますが、青は使う場面が少なく、学校で指定がない限りは用意する必要はありません。

鉛筆は角型?丸型?

鉛筆は軸が六角形のものと、丸いものがあります。持ちやすさから言えば断然六角形の鉛筆がオススメです。しかし丸型の鉛筆はキャラクターなど可愛いデザインのものが多くなっており、子供が喜ぶという点から言うと丸型の方が魅力的です。

まずは鉛筆で文字を書くことに慣れてから、丸型の鉛筆を選ぶようにしましょう。

鉛筆削り

鉛筆削りには電動と手動式の2タイプあります。

電動えんぴつけずり シャープナー V-01

電動は鉛筆を入れるだけで自動で削れるので、鉛筆を削るのに時間がかかりません。しかし電源がコンセントの場合は、設置場所が限られるのが不便です。

手動えんぴつけずり シャープナー

手動の鉛筆削りは自分でハンドルを回さないといけないので、削るのに手間がかかります。電源はいらないので持ち運びがしやすく、安全性が高いのは魅力です。

消しゴム

子供向きの可愛らしいデザインやキャラクターのついた消しゴムも多くあるけれど、握りやすく軽い力で消せる消しゴムが使いやすいです。

【トンボ鉛筆 もっとかるーく消せる消しゴム EL-KA】

シンプルなデザインが物足りないという子には、シールを貼るなどしてケースをアレンジする方法もあります。

筆箱

缶のペンケースやファスナーで開閉するペンケースなど、筆箱にも多くのタイプがあります。小学校低学年ならマグネットで開閉するタイプが使いやすいです。

ペンケース クラリーノ筆箱(筆入れ)

クラリーノはランドセルによく使われる素材です。6年間使うことを前提として作られるランドセルと同じ素材なので、作りもしっかりして長い期間使えます。

下敷き

筆圧でノートの下がへこむのを防ぎます。下敷きはどれでも大きな差はありませんが、あまり薄い下敷きだと割れる可能性もあります。

特に夏場になると下敷きをうちわ代わりに使う子もいるので、厚めのものを選ぶほうがいいかもしれません。

ノート

学習帳

勉強に使うための学習帳は、それぞれの教科にあった罫線が入っています。マスや行の数も違うので、学年にあったものを選びましょう。

キョクトウ・学習帳国語

連絡帳

連絡帳は学校と家の連絡用のノートです。学校からの指定が入ることも多いので、確認してから購入しましょう。

図工・工作道具

ハサミ

子供用のハサミは刃先が丸く作られているので、ケガをしにくくなっています。手のサイズもきちんと合うので、子供でも使いやすいです。

リラックマ はさみ[新入学文具]

色鉛筆

色鉛筆は商品によって、入っている色の数が異なります。小学校低学年の場合なら12色で事足りるかと思いますが、学校の指示を確認したほうが安全でしょう。

三菱鉛筆/890 スタンダード 色鉛筆 12色

絵の具セット

小学校で水彩絵の具を使うのは3年生頃からなので、入学時に急いで購入する必要はありません。同じように書道セットも入学してすぐには使わないので、必要になってから購入すれば大丈夫です。

文房具を買うならお道具箱セットがオトク?

筆箱や鉛筆、ハサミ等がセットになった道具箱は、入学祝いのギフトにピッタリ。小学校生活に必要となる道具が揃っているから、1点ずつ購入する手間が省けます。

【ハローキティ】●文具セットM★2012新入学★

キャラクターを使ったデザインなら同じ柄で揃うのも嬉しいポイントです。

しかし道具箱セットに入っているものを全て使えるかは微妙なところ。こちらのセットの場合はB5サイズの道具箱、筆箱、鉛筆、鉛筆キャップ、消しゴム、ハサミの6点がセットになっています。鉛筆キャップの使用が認められていない学校の場合、キャップは不要となってしまいます。セットの道具箱は見栄えもよくプレゼントにも適していますが、本当に必要なものかどうかを確認してから購入したいですね。

セットで購入しない場合は、1点ずつ必要な道具を子供と一緒に選びましょう。自分で選ぶことで、道具に愛着を持ち学習意欲が高まるきっかけになることもあるそうです。

 



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ