あると便利!ランドセルカバーの実力

nyuugakusiki

ランドセルカバーはランドセルを雨やキズから守るための道具です。学校や地区によっては入学時に配布されるところもあります。ランドセルカバーを使うことでランドセルを守る以外に、収納スペースを増やしたり、見た目をガラッと変えることができます。上手に活用して、6年間きれいなランドセルを目指しましょう。

ランドセルカバーの効果

キズ・汚れが付かない

ランドセルに限ったことではありませんが、大切に使っていても汚れは付きもの。ですが、カバーを付けていればキズ・汚れを防ぐことができます。

雨から守る

ランドセルは人工皮革のクラリーノや天然素材の牛革などが使用されていますが、これらの素材は水に弱いです。ランドセルカバーを付けることで、ランドセルが雨に濡れることを防げます。

ただし綿素材のランドセルカバーは防水効果がないので、防水を目的に購入する時は注意しましょう。

ランドセル雨カバー(黄)

ランドセルをすっぽり覆うタイプのカバーなら、雨の侵入も少ないので安心です。

オシャレなデザイン

メゾピアノやシャーリーテンプルなど、個性的でオシャレなデザインのランドセルは人気です。しかし6年間で飽きてしまわないか心配に思う方も多いのではないでしょうか。

ランドセルカバーを使えば、シンプルなランドセルも個性的なランドセルに変身できます。ランドセルを買い直すのは難しいけれど、ランドセルカバーは値段も手軽なので飽きたらすぐに買い直すこともしやすいですよ。

個性的なランドセルカバーを使えば、集団下校中でも我が子を探しやすくなります。

きせかえランドセルカバー Dazzle(ダズル)

迷彩模様は男の子に人気!かぶせに通すだけで、簡単に装着できます。

ランドセルカバー(あんふぁんモデル) ドット(レッド)

ドットが可愛い女の子向きのランドセルカバー。ラミネート加工、反射材付きです。

ランドセルカバーの選び方

サイズ

大体どのランドセルも同じようなサイズですが、カバーを購入する時はサイズを確認しましょう。

素材

キズ・汚れ防止が目的ならそんなに気にする必要はありませんが、雨を防ぐためにカバーを付けるならビニールやラミネート加工のしてあるランドセルカバーを選びましょう。

透明ランドセルカバー

シンプルなビニール製カバーは、ランドセルの雰囲気そのままで使えます。

マザーグースの森フリフリドッグ♪タータンランドセルカバー

綿素材のランドセルカバーは防水効果はありませんが、優しい印象で使えます。

手作りのランドセルカバー

ランドセルカバーは基本的に直線縫いで構成されているので、手作りする人もいます。 手づくりキット を使えば、裁縫初心者の方も挑戦しやすいですよ。

ランドセルカバーを作るときは、ランドセルに合わせて型紙を作成すると失敗が少ないです。ランドセルの実寸法とカバーでは生地の厚みなどが異なります。紙やいらない布地を使用して試作してみましょう。

カバーを作るにあたり、素材選びは注意が必要。雨に強いビニールなどの素材を使いたい方も多いと思いますが、縫いにくいので洋裁に慣れていない方にはオススメできません。手芸初心者の方は、綿などの縫いやすい素材で作る方が失敗が少ないです。

手作りのランドセルカバーは好みの生地やデザインを作ることができるのが魅力です。愛情たっぷりのランドセルカバーは、お子様も愛着を持って使ってくれますよ。



この記事の評価

★☆☆☆☆

  

▲ページトップへ