高いのがいいランドセル?値段から選ぶランドセル

Calculator_Machine

ランドセルを購入するときのポイントのひとつは価格です。デパートなどで価格をチェックしてみると、4万〜5万円程度の商品が多くあります。しかし大型量販店などでは1万円台のランドセルを販売しているところもあります。ランドセルの価格による違いはあるものなのでしょうか?

ランドセルの相場

百貨店などで販売されているランドセルを見ると、4万〜5万円あたりの価格帯が多いです。百貨店などでは値引きされていないことがほとんどなので、ランドセルの定価としてはそれくらいの価格のものが多いのでしょうね。

しかし一方で大型量販店などでは1万円台、またはそれ以下の価格のランドセルが販売されています。

値段の高いランドセルの理由

値段が高いランドセルは

などが理由に挙げられます。

素材 人工皮革のクラリーノよりも、牛革やコードバンなどの天然素材の方が価格が高い。
機能性 基本的な機能はどのランドセルにもついている。プラスαの機能で値段に差が出ることも。
ブランド ブランドのデザイン料があるので、ブランドデザインのランドセルは高い。

大雑把に言ってしまうと、ランドセルの値段が高くなる理由はこんな感じ。素材や機能が増えることで値段が高くなるのは仕方ないけど、ブランド物ってどうしても無駄に高いって感じちゃうことがあるなぁ。

値段の安いランドセルって大丈夫?

新入学には何かと必要なものがあります。その中でランドセルの出費は結構大きい!

そうなると気になるのが大型量販店で販売しているランドセル。安いものだと1万円以下で買えるランドセルもあります。

安いランドセルは壊れやすい?!

ランドセルの平均価格が3万円台だというのに、さすがに1万円だと安すぎて不安にも感じます。

しかし実際にイオンのランドセルを使った人に話を聞いたところ「そんな簡単には壊れない!」そうですよ。確かに比較すると生地の手触りは違う感じはしますが、見た目的にはそこまで問題ない気がします。

逆に平均価格のランドセルでも、扱い次第で壊れてしまったという話も聞きました。また、丁寧に使っていても金属疲労が原因で肩ベルトの金具が壊れてしまうこともあるそうです。

そうなると、安いランドセルが壊れやすいということではないみたいですね!

型落ちモデルを狙え!

同じ機能、似たデザインのランドセルでも、一年経てばアウトレット扱い。何か世知辛いけど、これはランドセルを安く買うコツのひとつ!

ウイング背カンやワンタッチロック、A4クリアファイル対応サイズなど、ここ数年でランドセルの機能はほとんど進化しきっているような気がします。それなら前年に作られたランドセルでも、使う分には問題ないですよね!

1万円から買えるランドセル

アウトレットランドセルを買う時に気を付けたいのが、機能と保証。機能はここ2年のランドセルなら大差はないように思いますが、保証は壊れた時の修理に関わります。きちんと確認してから購入しましょう。

結論として

ランドセルを選ぶにあたり、値段が高いから良い、安いから悪い、とは一概には言えない!

値段が高い理由が素材ではなくデザインによるものであれば、ランドセルの丈夫さに欠ける場合があります。

一方、値段が安い理由が「デザインが古いから(前年度のモデル)」というだけであれば、ランドセルとしての機能性は悪くありません。

どこに重点をおいてランドセルを選ぶかが重要になりそうです。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ