ランドセル選び ココが気になる

randosel

ランドセル選びで気になる点は何ですか?ブランド・デザイン、使いやすさ、価格・・・どこに重点を置いたらいいのか悩みますよね。先輩ママたちの意見を聞いて、失敗しないランドセル選びをしましょう。

ランドセル選びのココが気になる

ランドセルを購入するとき

の三点がポイントになります。

デザイン性

ランドセルの色

近年のランドセルはとてもカラフル!昔なら男の子=黒、女の子=赤というのがランドセルの常識でしたが、現在ではその概念はなくなりつつあります。

赤でもピンクの混じったような色や、やさしい印象のベビーピンクやサックス(水色)、男の子でも女の子でも使いやすい黄色やオレンジ色のランドセルもあります。

男の子・女の子用 牛革スタンダードタイプ・ランドセル【9色展開】

ランドセルの構造は同じだけど、カラーバリエーションが豊富なランドセルもあります。イオンでは24色のカラーバリエーションなんてランドセルもありますよ!色鉛筆みたいにカラフルで、どの色にしようか悩んでしまいますね。

ブランドランドセル

ブランドデザインのランドセルはファッション性が高く、大人でも持ちたくなるようなオシャレなデザインのランドセルもあります。しかしブランドランドセルは生産数に限りがあり、毎年販売開始と共に売り切れる場合も。

女の子の場合はメゾピアノ、シャーリーテンプルが特に人気があります。

シャーリーテンプル カジュアル(半カブセ)型

男の子ならNIKEなどのスポーツブランドのランドセルが人気です。

NIKE(ナイキ)ランドセル 2013年度版

男女共通デザインではミキハウスも人気があります。

ミキハウス【mikihouse】ランドセル

どうしても欲しいブランドランドセルがある場合は、早めに予約をする方がいいでしょう。

機能性

ランドセルは子供が通学で毎日使うものなので、使いやすいものを選びたいですね。

CMでよく聞く『フィットちゃん』や『天使のはね』などは、ランドセルを背負ったときに子供に負担にならないように金具が工夫されています。メーカーが違うことによる名前の違いなので、機能的には大きな差はありません。一般的には「ウイング背カン」と呼ばれているようです。

ランドセルに求められる機能は背負いやすさだけではありません。ファイルの収納サイズや、内ポケットの使い勝手、金具の留め方など、細かな機能が求められています。

価格

ランドセルの値段は安いものなら1万程度から、高いものだと10万円程度と幅広くあります。一般的には4万~5万円程度のランドセルが多いようです。

価格の幅は広いですが「値段が高いのが、良いランドセル」とは言い切れません。

例えば本革を使用したランドセルは素材自体は高級ですが、重いので子供の負担になりがちです。また、同じ機能が付いていても、昨年の型落ち品などはお値打ちに購入できる可能性があります。

デザイン、機能性、素材などを考えて、すべてに納得いく値段のランドセルを選びたいですね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ