赤ちゃんの寝かしつけは慌てず、のんびり

a0001 013720

赤ちゃんがなかなか寝てくれない!子育て中のママ・パパなら一度は思うことですね。赤ちゃんを寝かしつけるコツは意外と簡単なものです。特に重要なのは寝かせるママ・パパが慌てないこと。焦った気配は不思議と赤ちゃんに伝わってしまうみたいですよ。

赤ちゃん 寝かしつけのコツ

早く寝て欲しいと思っているときに限って、子供は寝付いてくれません。親の焦っている雰囲気を無意識に感じ取っているのかもしれませんね。抱っこやおんぶをしていてる間に眠ってしまう子も、布団に下ろした途端に泣いて起きてしまうということもよくあります。添い乳は効果があるけれど、いつまでもやれないのが問題です。

布団に包んで寝かしつける

抱っこやおんぶの状態で眠っても下ろしたときに目を覚ましてしまうのは、布団との温度差にもあると言われています。予め赤ちゃんをタオルや毛布で包んでから寝かしつけると、布団に下ろしたときに目を覚ますことが少なくなります。

赤ちゃんをタオルで包む方法は「おひなまき」というものが有名です。

抱っこに近い状態で寝かせる

赤ちゃんの寝かせる姿勢を抱っこに近い状態にすると、眠りやすいそうです。布団に寝かせたときに、赤ちゃんの頭と足の部分にタオルやクッションをおくことで、抱っこのような姿勢にすることができます。

寝たふりをする

意外と効果的なのがこの方法!赤ちゃんの隣で眠ったフリをすると、つられて赤ちゃんが眠ってしまうことも。疲れていると、うっかりママもつられて眠っちゃうことも?

就寝儀式を作る

「就寝儀式」とは、眠りに入る前のクセのこと。眠る前に絵本を読む、同じ音楽をかけるなどを続けることで、寝る時間とタイミングがインプットとされていきます。就寝儀式は習慣化するまでが結構大変かもしれませんが、慣れるとママ・パパにとっても便利なものです。



この記事の評価

★★★★★

  

▲ページトップへ