間違っていませんか?子供の絵本の選び方

FairyTaleHouse

お子さんに絵本を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?絵本を選ぶとき、イラストや物語性、対象年齢など様々なポイントがあります。小さい頃に読んでもらった絵本は、記憶に残ります。心や知性の発達のためにも、素敵な絵本を選びたいですね。

絵本の選び方

まずは読み聞かせをする人も楽しめる絵本を選びましょう。大人が読んでも楽しく感じる絵本は、読み聞かせをするときにも子供にその気持ちが伝わります。

対象年齢が設定されている絵本は、子供の成長に合わせてあります。設定年齢はあくまで目安ですが、絵本選びの参考になります。

ロングセラーの絵本は長い年月をかけて、多くのお母さんと子供たちに親しまれてきたものです。困ったら出版年数をチェックしてみるのも、絵本選びにおいて参考になります。

絵本を選ぶとき、どうしても選ぶ人の好き嫌いで決めてしまいがちです。しかし様々な角度から絵本を選ぶことで、思いがけなく子供が気に入ることもあります。いろいろなタイプの絵本を試して、子供が気に入る絵本を選びましょう。

図書館を活用する

絵本の選び方のポイントを押さえても、実際にすべての子供が好きな絵本とは限りません。その子供にあった絵本を探すために、図書館を活用しましょう。直接本をチェックできるので、子供の反応を確認できます。気に入った絵本は購入して、反応がなければ見送ればいいだけです。

せっかく無料で本が借りられる図書館は、どんどん活用していきたいですね。

絵本は繰り返し読みが基本

子供は単純な動作や遊びも繰り返して行います。絵本も同じです。同じ内容の絵本も何度も繰り返し読むことで、安心感を得ているのです。読む方はちょっと飽きてしまうかもしれませんが、子供が満足いくまで何回も読んであげましょう。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ