赤ペン先生は子供を励ませるのか?

akapen01進研ゼミのチャレンジ2年生、赤ペンテストが返ってきました!テストの結果はどうだったのでしょうか?!頑張りシールの効果は?チャレンジ2年生の体験記の総まとめです!

赤ペンテストが返ってきました!

進研ゼミのテキストの真ん中に赤ペンのテストがついています。自分でテストを解いたら、赤ペン先生に添削してもらう為に郵送で赤ペンテストをベネッセに送ります。専用の封筒が付いているので、それに必要事項を記入しポストに投函。 ドキドキしながら、返却を待ちました!

約2週間ほどで赤ペンテストが返ってきました!国語は漢字を1個間違えて、90点。算数は100点でした!
赤ペン先生からのメッセージもありましたよ。息子は、赤ペン先生を私だと思っていたようで、ほんとうに赤ペン先生がいるんだ!と驚いていました。

list 006_b-trans公式ホームページ 進研ゼミ小学講座

がんばりシール&景品

akapen03 akapen02

返却された赤ペンテストに「がんばりシール」が付いていました。 がんばりシールを集めると、集めた点数によって景品が貰えます。いわゆる、鼻先のにんじん、です。息子は景品カタログを見て、
「これにしよっかな~、やっぱりこれかな~。」
と、うきうきしているので、やる気アップ効果にはなっていると思います。赤ペン先生よりも、こちらの方が息子には励みになっているよう…。子供ですからね、仕方ないでしょう。

ちなみに、息子の狙っている景品は”スパイグラス”。24点集めるともらえる景品です。赤ペンテストを1回すると6枚のシールが貰えるので、赤ペンテスト4回分でゲットできます。 他にも、たくさんの景品が用意されています。最高240点という景品も!(何年かかるのか!?)

夏休み明けのテスト

夏休み明けのテストが返ってきました!進研ゼミで勉強を開始してから、初めてのテストです。

算数は100点!!国語は2問間違えて80点。1学期と比べると、点数は少し良くなった気がします。小テストの漢字の間違いも少なくなってきた!?まだまだ成果がでるのはこれからですね。

授業の進み具合が分かってきた!

チャレンジ2年生9月号のテキストをやって気が付いたのですが、息子の学校、算数の進み方が遅いです。チャレンジは教科書とリンクした内容なので、進み具合が一目瞭然。国語は問題なく進められるのですが、算数は学校で学習するまで、チャレンジ2年生のテキストを進めることができず。算数の問題が全部終わらないのに、次の号が来てしまいました。

予習として問題をする手もあるのでしょうが、授業中に
「あ~、これ○○で習った~!!」
と言う子になりそうな気がするので、予習するのは控えています。

(ママ友から、塾などで習った子が授業中にする発言についての色々を聞いていたので、なんとなく控えています。個人的な理由なので、学校や親によりけりだと思っています。)

チャレンジ2年生体験まとめ

illust2870 thumbチャレンジ2年生のテキストをきちんとできるかどうか最初は不安でしたが、問題をやらずに溜まっていく、にはならずに頑張っています。

というのも、飽きずに学習できている理由な気がします。

という点もよかったです。学校の学習の進み具合は、チャレンジをやっていなければ分からなかったと思います。どの問題でつまずくのか、何が苦手なのか、も理解できました。

親向けの冊子に、具体的に勉強のアドバイスの仕方が載っているので、
「(問題が簡単すぎて)なぜ問題が分からないのかが、親には分からない。どうやって教えればいいの?」
という親(私)にとっても、すごくありがたかった。

最初は学習塾と迷いましたが、チャレンジにしてよかったな、と思いました。塾は高学年や中学生になって、難しすぎて親が教えられない!になってからでも遅くない。
「あ~、チャレンジ前やってたけど辞めたわ~。」
というママ友達の話をちらほら聞くので、そうならないように息子共々がんばっていきたいです。

【小学生の保護者のかたへ】進研ゼミの『チャレンジ』なら、お子さまのやる気を引き出し、楽しく力を伸ばします!



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ