室内で起こりそうな赤ちゃんの事故防止対策

 babyroom

ハイハイができるようになると赤ちゃんの行動範囲は一気に広くなります。室内には赤ちゃんの興味のあるものがいっぱい!思いがけないものでも事故が起きる可能性もあります。赤ちゃんがケガをしないために、室内の安全対策を見直しましょう。

室内で起こる赤ちゃんの事故

赤ちゃんは好奇心いっぱいなので、何にでも興味を示します。もちろんそれは成長において欠かせないことですが、ケガや事故に繋がる道具にも興味を持って触ろうとするので親の立場から見ると危険ですよね。

赤ちゃんの室内事故を防ぐには

などの工夫をしておきましょう。

棚の事故防止

赤ちゃんは大人があまり気にしないような細かいものに興味を示します。棚など細かいモノが多く入っている場所は布をかぶせるのが効果的です。

ハサミやカッターなどの危険な小物は手の届かないところに片付けるようにしましょう。ウォールラックを使用するのもひとつの手ですよ。

家具の角

家具の角は赤ちゃんの事故にはよくあります。ハイハイで突進して頭をぶつけてしまうことも・・・。スポンジや緩衝材などをつけておきましょう。

キレイなデザインでぶつかり防止!コーナークッション キリエ

階段用のコーナークッションもあるので、階段のある家庭では取り付ける方が安心です。

引き出しの対策

赤ちゃんは成長と共に引き出しも開けてしまいます。引き出しを開けて中のモノを取り出ししまうのはもちろん、指を挟んでしまう可能性もあります。

引き出しを開けにくくするにはかたい紙をはさみ込むと簡単です。

コンセント

意外と見落としがちなのがコンセント。コンセント口を舐めて感電・・・なんて事故が起きたら怖いです!そうならないためにはコンセントカバーをしましょう。

正規品【RODY】ロディ/セーフティグッズ/コンセントキャップ

赤ちゃんの事故防止だけでなく、コンセント口にホコリが入るのを防ぐ効果もあります。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ