なぜ赤ちゃんのアトピーは起きるの?

twins

アトピー性皮膚炎とはアレルギー反応に関連のある湿疹のことです。大人でも湿疹ができると痒くて辛いのに、アトピーの体質を持った赤ちゃんもいます。赤ちゃんがアトピーと診断されたら、どのような対応をしていけばいいのでしょうか。

そもそもアトピーって何?

アトピーは正式には『アトピー性皮膚炎』といいます。アトピー体質やアトピーの素因を持っている人に起こる慢性の湿疹のことです。アレルギーを引き起こす原因物質のアレルゲンは、皮膚表面に接触してアレルギー反応を起こすこともありますし、食物を食べることでアレルギーを引き起こすこともあります。

アトピーになる原因は?

アトピーになる原因としてはアレルギー体質の他にも、ダニやハウスダストによる刺激もあげられます。こまめに掃除をするように心がけることで、症状が改善されたという方もいます。

また、アトピーは遺伝するのかもきになるところです。家族にアレルギーがあるとアトピーとなる確率が高いですが、必ずしも遺伝するとは限りません。

アトピーは治るの?

はい、治ります。

しかしその子にあった治療方法をすることが大切です。また、一旦治ったように見えても、実際はまだ症状がつづいていることもあるので、気長に治療を続けるようにしましょう。

アトピーの治療方法

基本は塗り薬です。適正な処方をすることで効果があります。アトピーにおいて一番の悩みはかゆみです。かゆみを押さえることで症状の改善に繋がります。塗り薬だけでなく、飲み薬も使っていきたいですね。

また、食事アレルギーが原因の場合は、アレルギーを引き起こす原因となる食材を避けるようにしましょう。完全に除去するかどうかは症状によって判断します。

アトピーは短期間で治るものではありません。ですが特別な病気というものでもありません。先輩ママの情報をもらって、自分でも実践できるアトピー対策を考えてみませんか?アトピー体質の子供を持ったお母さんたちのコミュニティーもあるので活用していきたいですね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ