知っていますか?ベビーケア用品の違い

towel

ベビーオイルやベビーローション、ベビーパウダーなど赤ちゃんのためのスキンケア用品はたくさんあります。それぞれの違いと効果をご存知ですか?目的にあったスキンケア用品を選んで、赤ちゃんの肌の潤いを守ってあげたいですね。

ベビーケア用品の違い

女性のスキンケアには化粧水、乳液、美容液・・・と様々な種類の化粧品が存在します。赤ちゃんのためのスキンケア用品にもいくつかの種類があります。

ベビーローション

毎日の保湿ケアに使えるサラッとした使用感が特徴です。最初からローション状になっているものは化学成分が使われていることが多いので、購入するときは注意が必要です。2層に分離しているものを使用時に混ぜるタイプや、天然素材だけで乳化しているベビーローションを選びましょう。

ベビーオイル

ベビーオイルはベビーバスの入浴剤や、ベビーマッサージにも使えます。コットンや綿棒に染みこませて、耳や鼻の汚れ落としにも使えますが、体に直接塗るには不向きな部分もあります。

ベビーオイルを選ぶときは天然の植物から作られたツバキオイルやホホバオイルなどが肌への負担が少ないです。

ベビークリーム

皮膚の保護を目的としており、トラブル予防として使います。ミツロウなどの天然ワックスは肌を保湿するだけでなく、乾燥や刺激から肌を守る働きもあります。

ベビーパウダー

ベビーローション、オイル、クリームとは異なり、保湿ではなく肌をサラサラにすることを目的としています。最近は毛穴詰まりを気にして使わないお母さんが増えていますが、成分によっては毛穴詰まりを起こすことはありません。赤ちゃんが吸い込んでしまうことを考慮して、食品のコーンスターチなどから作られたパウダーを選ぶようにしましょう。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ