苦手なママ友と上手に付き合う3つの方法

a0002 005459

結婚、出産によって女性の環境は大きく変わります。お姑さんやご近所さん、そしてママ友。人間誰でも苦手な人や嫌いな人がいるものです。常に「いい人」でいようとするほどに、ストレスが溜まってしまいます。

苦手なママ友と上手に付き合う

似た年頃の子供同士が仲良くなるのは自然なことで、そのお母さん同士が話をするのも自然なことです。ですが、人間誰しも苦手な人というものはあるものです。どうしても性格が合わないママ友もいます。他人の悪口ばかり言う人、常に一緒に行動しようとする人、家庭について根掘り葉掘り聞いてくる人・・・苦手とされるママ友にもいろんなパターンの人がいます。ママ友は子供を共通にしてできるものです。子供という共通点があるからこそ、人間関係を悪化させたくはないものです。

苦手なママ友との付き合いを上手に減らしていくには、自分を理由にして断るのがいいそうです。「体調が悪い」「やることがある」など些細な理由でいいのです。失礼のない程度に早めに話を切り上げるようにすると、徐々に疎遠になっていくものです。

苦手なママ友との付き合いを減らすには

どれも簡単なことではありますが、やはり今後の付き合いを考えるとうまく行動できないママも多いものです。自分に無理をしないこと。これが一番大切なことのように思えます。自分ひとりで抱え込まず、信頼できる人に相談をしたり、ストレス発散の時間を作ったりして、ストレスを溜めすぎないように気を付けましょう。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ