泣き方から赤ちゃんの気持ちや感情を読み取ろう

16367205_m

言葉をまだ喋れない赤ちゃんの感情は泣き声だけ。何かを言いたいのはわかるけど、何を言いたいのかを判断するのはなかなか難しいものです。しかし「泣く」という行動が赤ちゃんが自分の感情を表現する唯一の方法なので、わかってあげられるようにしてあげたいですね。

赤ちゃんの感情表現

生まれたばかりの赤ちゃんは寝ているか泣いているかおっぱいを飲んでいるか、どれかしかしていないと言ってもいいような状態です。その中で泣くという行為は赤ちゃんにとっては大切な感情表現。赤ちゃんがどんな感情を持っているのかをわかってあげられるようになりたいですね。

赤ちゃんが泣く理由

赤ちゃんが泣く理由としては

などが主な原因です。

理由としてわかってしまえば単純なことかもしれませんが、何故泣いているのかわからなくて困ることも多いのでは?

でも毎日お世話をしているうちに生活リズムもできてきて、赤ちゃんが何故泣いているのかの予想がつけやすくなっていきます。泣き方も理由によって微妙に違っていたりします。赤ちゃんの泣き方にも注意を払って、泣いている理由を考えてあげましょう。

また、泣く理由には生理的な欲求だけでなく、ひとりが淋しい、ママとスキンシップが取りたい、ということもあります。まずは声をかけたり、抱っこして、スキンシップを取るようにしたいですね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ