寒い冬を乗り切る 赤ちゃん用防寒具

赤ちゃん冬服

赤ちゃんはまだ体温調節が上手にできません。ベビーカーでのお散歩などは、思いのほか体が冷えることもあります。保温性の高い服や小物と、風を防ぐウインドブレーカーのような服を組み合わせると、風が入らず体を暖かく保つことができます。寒さを防ぐ小物を使うのもポイント。赤ちゃんにオススメの防寒対策についてまとめてみました。

赤ちゃんの寒さ対策

ただたくさん着せるのでなく、ポイントを押さえてアイテムを選べば暖かく過ごせます。冬の赤ちゃんにピッタリな防寒アイテムを選びました。

ウィンドブレーカー

ベビーウインドブレーカー ジャンプスーツ

このカバーオールの下にモコモコあったかい服を着せてあげて下さい。

秋は「寒くないけど、風が冷たい」ということがありますが、薄手のウィンドブレーカーがあると風を防げます。冬になったらあったかいセーターなどを着せて、その上に風を防ぐ服を着ると暖かいです。

カバーオールはモコモコのタイプもありますが、風を通して意外に寒いことがあります。

体験談

私は厚い上着よりも、薄手のナイロンのウインドブレーカーの方が使い勝手が良かったです。寒い日はコートなどの上にウィンドブレーカーを着せて風を防ぎました。

生地が薄いので、脱いだ時に持ち運びしやすいのも良かったです!ちょっとした雨ならレインコート代わりになるのもポイント高かったです。

「ちょっと価格が高いかな」というウィンドブレーカーを秋に買いましたが、冬だけでなく春まで使え、翌年の秋も着れたのでオトクでした。

帽子

体温は頭から逃げていく、と言われますよね。帽子を被るだけで暖かさを感じた経験はありませんか?それは子供にも言えることです。


ふわふわアニマルボア帽子

子供にかぶせる帽子は伸縮性があって、耳までカバーできるデザインがオススメ!

レッグウォーマー

寒さを和らげるには首、手首、足首などの関節を温めるのがポイントです。

レッグウォーマーは長ズボンの上からも装備できるので防寒対策に重宝します。男の子女の子を問わず使える防寒具ですよね。


もこもこくまさんのレッグウォーマー

レッグウォーマーは抱っこしながらでも履かせやすいので便利です。靴下を嫌がる赤ちゃんにもオススメです。

防寒具としての使いやすさはもちろん、コーディネートのアクセントとしても使いやすいですよ。カラフルなレッグウォーマーをいくつか揃えるのも楽しいです♪


名入れもできるカラフルレッグウォーマー全18種

赤ちゃんの名前を入れられるレッグウォーマーは出産祝いにもよさそうですね。

ポンチョ・ケープ

ポンチョやケープは腕を通さずに羽織れるので使い勝手がいいです。フリーサイズのものが多いので、長く着られるのも嬉しいポイント☆


ミキハウス お耳付きフードのあったかファーマント

フード付きのデザインなら帽子の代わりにも使えますね。

ママが片手で着せることができるのも、ケープやポンチョの良い点ですよね。

赤ちゃんがぐずってる時は、スリングに入れてケープをサッとかぶせてベランダで気分転換、なんてこともできます。

赤ちゃんの着こみ具合には注意!

寒いからと、赤ちゃんに服を着せすぎてしまうママがいます。着こみすぎて、赤ちゃんは暑く感じていることも…。

子供は大人と比べて体温が高いので、大人マイナス1枚、くらいでも良いと言われます。

デパートは暑い?

ショッピングセンターやデパートなどは、暖房で暑いぐらいの場合もあります。たまに、顔が真っ赤で汗がにじんでいる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが快適でいられるように防寒着を調整してあげましょう。

帽子やレッグウォーマーやを脱がせるだけでも、ずいぶん変わります。厚い服1枚よりも、薄手の服を2枚着せたほうが体温調節はしやすいです。

Image: FreeDigitalPhotos.net



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ