赤ちゃんの浴衣や甚平の選び方

裸の赤ちゃん

ベビーにとって始めての夏祭りや花火大会は、浴衣や甚平で日本の夏を楽しみたいですよね。でも赤ちゃんは服のデザインに制限があったり、生地を選ばないとあせもがひどくなったり…。赤ちゃんのための浴衣や甚平選びのポイントをまとめました。

赤ちゃんの浴衣・甚平の素材

夏の赤ちゃんの肌は、トラブルがつきもの。すぐにあせもができるし、赤く湿疹が出たりも。汗が多い季節だから仕方ありませんが…。汗を吸い取りやすい服を着せて、こまめにお着替えしないといけませんよね。

夏祭りや花火大会など短時間のイベントでも、気づくとあせもが悪化してたりします。

できるだけ肌にやさしい生地の浴衣や甚平を選んであげましょう。

二重ガーゼの肌触りのいい甚平


こども甚平 日本製「黒、麻の葉」

古典柄の麻の葉柄を使った甚平さん♪

肌にやさしい二重ガーゼを使用しているので、吸水性が高く着心地がいいです。ズボンの股あたりにスナップボタンが付いているので、おむつ替えもスムーズに行えます。

赤ちゃん浴衣・甚平のデザイン

夏祭りや盆踊りでは赤ちゃんを抱っこしていることが多いと思うので、着崩れしやすい浴衣はあまりオススメしません。

甚平さんや浴衣風ロンパースなどがオススメです。


ベビー ロンパース マリン柄

ロンパースタイプの甚平なら、着替えが楽チン!

股下にボタンが付いているので、おむつ替えも簡単。


ハローキティ 浴衣風ロンパス

これおもしろいです。普通の半袖ロンパースなんですけど、浴衣みたいな柄なんです。背中に兵児帯もプリントされてるんですよ。

まだヨチヨチ歩きしない赤ちゃんだったら、甚平さんよりロンパースが便利かも。お腹や背中が出ないので、抱っこしやすいです。

キティちゃんモチーフで、ちょっと派手なデザインなのがなぁ。使い勝手がよさそうだから、一般的な柄で浴衣風ロンパースがもっと普及したらいいのに!


ミキハウス 金魚&どうぶつ柄甚平オール

夏でも夜は風が出ることもあるので、赤ちゃんが冷えないよう、ロンパースよりカバーオールのほうがいいかもしれませんね。太ももが冷えると全身が冷えてしまうので、ズボン部分があるといいかも。


ベビー甚平男の子 白地にカブトムシとトンボ柄

自分でヨチヨチ歩けるようになったら、甚平さんもOKですね。伝統的な浴衣柄ならじぃじばぁばにも喜んでもらえそうです。

この甚平は注ぎ染め(手ぬぐいと一緒)なので、表も色も色が鮮やかで、色あせしづらいです。夏のイベントだけでなく、せっかくなので普段着としても使っちゃいましょう!



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ