片付けはいつ行う?雛人形を片付ける方法

obt0072-049

雛人形をずっと綺麗に保つためには、片付ける時がポイント。とは言っても雛人形の片付けはいつ行えばいいのでしょう?片付ける手順は?収納場所は?大切なお雛様をずっと綺麗に使い続けるための、片付け方を覚えておきましょう。

桃の節句が終わったら、雛人形はすぐ片付けるべき?

立春頃から飾られる雛人形ですが、3月3日こそがひな祭り当日です。雛人形は早く片付けないと「婚期が遅れる」なんていう迷信もあるし、季節のものをいつまでも飾っておくのはだらしがない。だからといって、桃の節句が終わったからと急いで片付ける必要はありません。

雛人形を片付ける日として最適なのは、湿気の少ない晴れた日です。湿気が多い日に片付けをすると、カビの原因になります。早く片付けたい気持ちもわかりますが、片付けは天気のいい日を待ちましょう。

人形を片付ける時は手袋着用

「手袋をすると作業がしにくい」といって、素手で片付けをしていませんか?人形を直接触ると、手の脂や汗、ハンドクリームなどが付着して、人形のシミができる原因になります。爪が当たって人形を傷つけてしまう可能性もあるので、予め手袋を着用した方が安全です。

綿手袋 1組入【薄手タイプ・フリーサイズ】

使用する手袋は綿の薄手タイプがオススメ。百円均一で売っているような手袋でOKです。

ホコリはしっかり払おう

立春から1ヶ月ほど飾っている雛人形には、目には見えにくてもホコリが付着しています。ホコリが付いたまましまうとカビの原因になったり、傷みの原因になるそうです。片付ける前にしっかりホコリを払いましょう。

ホコリを払う道具

人形のホコリを払うには毛バタキなどを使います。

フェザーダスター 40

毛バタキは人形販売店で購入することができますし、人形を購入する時にセットでサービスでもらえることもあります。

雛人形の顔や髪飾りなどの細かい部分は、きれいな状態の絵筆を使うと掃除しやすいそうです。絵筆なら細かい動きができるので、毛バタキでは払いにくい細かい部分のホコリも払いやすいですね。

人形の持ち道具をなくさないために

雛人形はそれぞれの人形が手に道具を持っています。それらの道具は片付けの時は外してしまいます。外す時は特に人形の顔にぶつけないように注意しましょう。外した道具は細かいのでなくさないように、他の人形の道具と間違えないように収納しましょう。

段ごとにビニール袋などにまとめ、メモをしておくと間違えにくいですよ。

調度品も忘れずに

雛人形を構成するのは人形だけではありません。道具や調度品も忘れずに綺麗にしましょう。調度品はホコリを払って、柔らかい布で拭き取りましょう。

飾る段ごとにまとめて片付けると、翌年飾る時に間違えにくくなります。

人形の型くずれ・キズを防ぐために

人形の顔が汚れないように、柔らかい布やティッシュペーパーで包みます。包む時は人形の髪の毛を引っ張らないように特に気を付けましょう。人形の素体がそのまま出ている手も、布で包みましょう。型くずれ防止のために、胴体部分も紙か布で包みます。

布や紙で包んだ雛人形は、元の入っていた箱に入れます。

雛人形収納パック(大小セット)

巾着状で出し入れのしやすい人形用保存袋もあります。こちらのセットでは30×30×29cmの大きいサイズ:2枚、25×25×29cmの小さいサイズ:3枚の他に、顔カバーもセットになっています。

人形を箱に収納する

布や紙で包んだ人形を箱に入れます。人形の間にできた隙間には薄紙などやわらかい紙を丸めて詰めることで、人形が箱の中で動かないようにします。

当然ですが人形を収納する時は、無理に詰め込むのは厳禁!人形が型くずれしてしまいますよ!

防虫剤の入れすぎに注意

防虫剤を入れておけば、虫対策はばっちり!この考えは間違いです。

何より大切なのは、しまう時に人形自体のホコリをしっかり払っておくこと。保管中に虫が侵入することより、しまう時に既に虫が付いている可能性が高いということを覚えておきましょう。

しかし、だからといって防虫剤を使わないのも不安です。防虫剤を使う時は

といったことに注意しましょう。

人形用防虫剤 わらべシートタイプ

こちらはシートタイプの人形用防虫剤です。シートタイプの防虫剤は防虫効果だけでなく、大切な人形をキズなどから守る効果もあります。

においがつかない人形用防虫剤 NEWわらべ

こちらは一般的な形状のブロックタイプの防虫剤。人形に直接当たらないように、箱の上部に入れます。

同じメーカーの防虫剤で、シートタイプとブロックタイプの2種類売っているものもあります。購入する時は間違えないように気を付けましょう。どちらのタイプを選ぶかは、収納箱の大きさや空間に合わせて選ぶと良いですね

また、どの防虫剤を選んでいいかわからないときは、購入したお店で相談する方が失敗がありません。

人形の収納場所はどこ?

日本人形は湿気に弱いですが、日本は湿気が多い気候です。日本人形の保管には、風通しのいい部屋の湿気の少ない押入の上段や天袋に収納しましょう。

雛人形の収納に適した場所

よりよい雛人形の手入れ

1年間しまいっぱなしではお雛様も息苦しく感じるもの。収納している押入れの戸を定期的に開けて、風を通してあげましょう。

理想としては10月頃の気候のいい日に箱を開けて、人形に風を当てるといいそうですよ。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ