パパも喜ぶ 子供と作るバレンタインスイーツ

valentain

本来は「男女の愛の誓いの日」であるバレンタインも、こどもにとっては「チョコレートの日」。「チョコレートの日」を楽しむために、子供といっしょにチョコレートスイーツをしてみませんか?子供からのプレゼントならパパも喜んでくれますよ♪

お菓子作りは難しい?

お菓子作りに慣れていない人は「こどもがお菓子作りをするなんて難しいこと」だと思っていませんか?確かにオーブンやレンジは加熱すると熱くてケガや事故が起きないか心配だし、分量を正確に計ったり、材料を均等に混ぜるのも根気が必要です。

しかし難しい作業は大人がやって、子供には簡単な作業や仕上げのトッピングを手伝ってもらえばOK。手軽にお菓子作り体験をすることができます。多かれ少なかれ、自分が手伝ってお菓子を作ることで、お菓子作りや料理にも興味を持つきっかけになります。

子供ができるお菓子作りの作業は?

年齢やその子の個性にもよりますが、火や包丁を使う、材料を正確に量る、材料を均等に混ぜるなどの作業は大人がやった方がいいと思います。

bwl1lm 2-60

クッキーの型抜き、一口サイズに丸める、こねる、などの作業は子供に手伝ってもらうといいかも。様子を見て大人がフォローしつつ、仕上げを手伝うと味の失敗を減らせそうです。粉類の混ぜあわせはビニール袋に入れると、子供でも簡単にできますよ。

子供と作るバレンタインスイーツ

バレンタインといえば、やはりチョコレート!チョコレートを使ったスイーツに挑戦してみたいですね。

型抜きチョコレート

市販のチョコレートを溶かして、型に入れるだけ。単純な作業だけど、ホワイトチョコやストロベリーチョコレートなどを使って色を2層にしたり、ペンチョコやアラザンを飾るなどすれば見た目が楽しい雰囲気に仕上がってプレゼントにもピッタリ。

《イルカ》コーティングチョコノベルラッテ(ミルクチョコ)

チョコレートを溶かすときには「テンパリング」という作業が必要ですが、製菓用のテンパリング不要のチョコレートを選べば作業が楽になります。

型抜きカップ用チョコ

袋ごと湯煎にかけて搾り出すだけの簡単キットもあります。これなら失敗の可能性が低いし、お菓子作り初心者の方の強い味方になってくれそう!

溶かしたチョコレートはシリコンモールドや、チョコレート用のアルミカップなどに流して固めれば完成です。

≪シリコンチョコモールド≫ロボット 12P【シリコン 型】

シリコンのモールドなら固めた後も簡単に取り出せます。スプーンにすくって流し込めるので、子供にお手伝いもしてもらいやすいですよ。

もっと簡単に

材料と道具がすべてセットになった手作りキットもあります。

ロリーポップクランチ【手作りキット】

チョコレート、モールド、ペンチョコ、更にはラッピング袋までセットになっています!作り方の説明書もあるので、普段お菓子作りをしない家庭でも挑戦しやすいですね。

チョコレートコーティング

溶かしたチョコレートをフルーツやクッキーにコーティング!意外なものにチョコレートコーティングしてみるのも楽しいかも。

ko-valen

テンパリング用のチョコレートを使うと綺麗に仕上がりやすいですが、ココアパウダーをかければ表面をカバーできるのでそこまで神経質にならなくても大丈夫!気軽に挑戦してみましょう。

ブラウニー

【製菓材料 | 手作りセット】はちみつ入りのしっとり濃厚ブラウニー

一見難しそうな雰囲気のするブラウニーですが、材料を混ぜて焼くだけなので結構簡単なお菓子です。材料に必要な粉類はビニール袋に入れて混ぜ合わせることができるので、ここは子供に手伝ってもらいましょう。ブラウニーにはクルミが入るのが定番ですが、ナッツ類が苦手な子のために控えめにしたり、代わりにきざみチョコレートを入れてアレンジしてみるのもいいかもしれません。

仕上がりは地味目なので、かわいいラッピングをすると華やかな印象になりますよ。

いっしょに渡したい バレンタインカード

バレンタインの主役はチョコレートではありますが、気持ちを伝えるメッセージカードも付けると好感度は更にアップ。特にパパにあげるためなら、子供の手書きのイラストを使ったメッセージカードを作ってみてはどうでしょうか?子供の手形をモチーフに使っても可愛いメッセージカードが作れますよ。

giftbox04

メッセージカードを作る機会はなかなかないので悩んでしまいがちですが、白の厚紙にハート型のシールや折り紙を貼るだけでもそれっぽく作れます。シールを使えば子供でも簡単に作れますね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ