家族で楽しむ節分・豆まき

a1180 003056

みなさんの家庭では節分の豆まきをしていますか?「撒いた豆の掃除が面倒」「幼稚園でやっているし」などの理由で、家庭ではあまりやらないかもしれませんね。しかし節分は家族の健康を願う行事。家庭でも節分をしてみませんか?

節分とは?

節分は文字通り「季節の節目」のことです。立春、立夏、立秋、立冬の前日に当たる日を指すそうですが、現在では立春の前日の2月3日が節分として残っています。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために豆まきをします。

具体的に節分には何をするの?

豆まき

ご存知のように節分といえば豆まき!豆まきに使う豆は炒った大豆が基本ですが、北海道・東北・北陸・南九州では落花生を使用するそうです。確かに福豆をそのままばらまくと部屋の掃除が大変ですが、落花生なら拾いやすいし殻に入っているから衛生面から見てもポイント高いですね。

【節分商品】福豆パック

豆まきに使う福豆は、個包装をそのまま使うのも便利です。家庭で小さな袋に詰めるのもいいかも。

豆を撒くのは本来は家長がする役目だったそうですが、細かいことは気にせずに家族全員で楽しみたいですね。

鬼がやってくるのは真夜中とされており、夜に行います。が、子供の寝る時間もあるので、そこら辺は臨機応変に対応しても問題ないと思います。

奥の部屋から順番に回っていき、最後は玄関でゴールです。以前は外に向かって投げることも多かったようですが、現在では外に投げるのは難しいので投げるフリをしておきましょう。

「鬼は外、福はうち」という掛け声が多いですが、地方や家庭によっては掛け声も変わるそうです。

恵方巻き

近年節分の料理として定着してきた恵方巻きは、元々は関西圏の習慣だったそうです。カットしていない状態の太巻きを恵方を向きながらまるごと一本食べるのが正しい食べ方と言われていますが、子供用に小さめの太巻きを用意するとよさそうです。正しい食べ方としてはいけないかもしれませんが、普段通りにカットしたり、手巻きずしにしてもいいかも。

玄関飾り

節分にはヒイラギと焼いたイワシの頭を玄関に飾ります。鬼はヒイラギの棘と、イワシの悪臭が苦手という事で、こういう風習があるそうです。しかし現在ではあまり見かける光景ではありませんね。イワシの頭を玄関に飾るのは難しくても代わりとしてイワシを使った料理を食べたり、ヒイラギを室内に飾るだけでも節分の気分は上がりそうです。

家族で楽しむ節分

豆まきをして、恵方巻きを食べるのが節分の主な行事内容になっていますが、そこにひと工夫するともっと家族全員で楽しめるイベントになりますよ!

お面作り

子供がいる家庭での豆まき行事に欠かせない、鬼のお面も子供といっしょに工作してみましょう。福豆のパッケージにお面が付属しているものもありますが、画用紙に好きに描くのがオススメ。自分だけのお面作りをすることで子供も楽しめるイベントになります。インターネットで検索しても、お面をプリントアウトできるサイトもありますよ。

手作り恵方巻き

恵方巻きはスーパーやデパ地下はもちろん、コンビニでも販売されます。手軽に購入できる恵方巻きですが、家庭で手作りすることでもっと盛り上がる節分にできますよ。「今までのり巻きを作ったことがないから・・・」と敬遠している方も、これを機会に挑戦してみては?結構簡単に作れますよ。

【クッキングトイ】バンダイ のりまきまっきー

誰でも簡単にのり巻きの作れるクッキングトイもあります。これを使えば子供でも作れますね。仕上がりもコンパクトサイズなので、恵方巻きにもピッタリ。

節分スイーツ

節分は日本ならではの行事ですが、節分をモチーフにしたスイーツもあります。

くるくるワッフル「恵方巻 七福神ロール」

恵方巻きを模して作られたロールケーキは、女性に人気!恵方巻きの代わりにロールケーキを食べる方は、実は結構いるのだとか。

鬼まんじゅう4ヶ詰(和菓子)

本来ならこわ〜い鬼も、こんな可愛いおまんじゅうになったら子供も大喜びしてくれそう。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ