フォローアップミルクは必要ではない

 baby_bottle

生後9ヶ月あたりになると、赤ちゃんにフォローアップミルクを与える方が多いそうです。牛乳では鉄分不足が心配だし、CMでも見かけるので気になりますよね。しかしフォローアップミルクはそこまで赤ちゃんに重要なものでもないのです。

フォローアップミルクとは

フォローアップミルクは元々、牛乳の代用品として作られました。牛乳に不足している鉄とビタミンを多く含んでいることが特徴です。

粉ミルクと同じように思えますが、牛乳の代用品なので母乳やミルクの代替え品としては実は不向きです。


森永乳業 チルミル

多くの育児書では牛乳は1歳を過ぎてから与えるように、と書かれています。

これは様々な機能が未熟なうちから牛乳を与えると、鉄欠乏症になる可能性があるからだそうです。

フォローアップミルクの成分

フォローアップミルクといっても、一般的な粉ミルクと同じもののように思っていませんか?

フォローアップミルクは牛乳の代用品として作られたものなので、栄養価も牛乳に近いものになっています。牛乳に不足がちなビタミンと鉄分が加えられています。

しかしタンパク質とミネラルが多く含まれるため、腎臓に負担がかかりすぎる可能性もあります。

栄養も多ければいいというものでもありません。こどもでも生活習慣病になる時代ですので、ほどよいバランスであげるように気を付けたいですね。

フォローアップミルクは必要?

牛乳の代用品として作られたフォローアップミルクですが、無理して与える必要はありません。離乳食を順調に食べているなら、栄養過多になる可能性もあります。

また、フォローアップミルクが体質に合わず、お腹がゆるくなったり下痢になってしまう赤ちゃんも多いようです。与える場合は赤ちゃんの体調にも注意したいですね。

フォローアップミルクは必ずしも必要なものではありません。栄養状態や体調を見ながら与えるか考えるのがよさそうです。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ