市販薬を上手に使ってセルフメディケーション

pills_01

「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことがありますか?風邪気味のときや、ちょっと頭が痛い、などといった医者にかかるほどではない健康状態のとき、自分自身で健康を管理することです。セルフメディケーションの考え方は大人だけでなく、子供にも応用できます。

セルフメディケーションをしよう

セルフメディケーションをすることは自分自身で健康を管理することです。時には市販の薬も活用してみましょう。

子供に市販品の薬を与えるのに抵抗がある方も多いかと思います。しかし無理して病院に行って「他の病気が移るかも」と不安になるくらいなら、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談をするというのもひとつの手です。

セルフメディケーションのメリット

セルフメディケーションの注意点

現在、多くの薬局やドラッグストアには薬剤師が在中しています。病状や体質を相談して、薬の使い方や選び方に関するアドバイスを受けるようにしましょう。

子供に市販薬を服用させるときの注意

子供には子供用の専用薬があります。大人用の薬には、子供に使用が禁止されている成分が含まれているものもあり、「大人用の薬を少量与えればいい」という考えは危険です。

また、薬を飲ませたあとに副作用を起こさないかチェックするようにしましょう。これは市販の薬だけでなく、病院で処方される薬にも当てはまります。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ