赤ちゃんが薬を嫌いにならない方法

medicine

どんなに注意していても、子供が病気をしてしまうことがあります。赤ちゃんや子供が病気になってしまった場合、処方された飲み薬をどうやって飲ませていますか?子供が嫌がらず、上手に薬を飲ませる方法はあるのでしょうか。

薬の上手な飲ませ方

病気を治すためには薬は欠かせません。しかし薬を自分から喜んで飲む子供はほとんどいません。むしろ嫌がって飲みたがらない子供のほうが多いのではないでしょうか。

薬が苦手な子供のために薬を食べ物に混ぜる方もいますが、できればやめた方がいいでしょう。食べ物といっしょに取ると薬の効果が弱くなるものがあります。理想はやはりそのまま薬として飲むことです。

薬を飲みたくなる雰囲気作り

薬を飲む上で一番重要なのは周囲の環境かもしれません。薬を飲めたら褒める。単純なことですが、褒められることで子供は自信を持ちます。

他の人が薬を飲んでいる姿を見るのも、薬を「飲みたい」という気持ちにも繋がるかもしれません。

薬の苦味をごまかす裏技アイテム

薬はそのまま飲むのが一番効果的ではありますが、どうしても飲めない子には薬を飲みやすくするアイテムを使うといいでしょう。薬の苦味を感じさせないことで、薬を飲みやすくなります。

服用補助剤

服用補助剤を使うことで薬が直接口内に含む必要がなくなります。オブラートは昔からあるので、自身でも飲んだことのある方は多いのではないでしょうか。オブラートは日本ではデンプンから作られているそうです。昔は無味無臭のものしかありませんでしたが、現在ではイチゴ味などフレイバーの付いた商品も発売されています。オブラートを使うときのコツは、子供がのみやすいように小さく包むことです。
カプセル状の薬が飲める子供なら、カプセルタイプの方が飲みやすいかもしれません。空洞のカプセルに自分で粉薬を詰めることが出来ます。
オブラートやカプセル状の薬を飲むときは、予め口の中を湿らせておくと口内に薬が張り付きにくくなります。

また近年ではゼリータイプのものもあります。有名なのは「おくすり飲めたね」という商品です。

薬の形状に関わらずゼリーで包むので、味やにおいもせず、無理なく飲み込めます。味の種類が豊富なので、味を変えることで子供が飽きるのを防いでくれます。

食べ物に混ぜる

子供が好む味の濃い食品に混ぜることで、薬だと思わせずに飲ませます。チョコレートアイスやジャム、つぶしたバナナなどは薬が入っていることに気づきにくいです。

気をつけなければならないのは、薬との食べ物の組み合わせ。効果が弱まるだけでなく、かえって味が苦くなる場合があります。食べ物に混ぜる場合は薬剤師さんに相談するといいでしょう。
また、主食に混ぜるのも止めた方がいいです。薬を混ぜることで、その食べ物自体を嫌いになってしまうと大変です。薬を食べ物に混ぜるのは最終手段としておきたいですね。

薬を嫌がったら?

以前は平気だった方法も、ずっとうまく行くわけではありません。常にいくつかの手段を用意しておいて、1回ごとに飲ませる方法を変えるのもいいでしょう。
また、時間をあけると子供の気分が変わってすんなり飲んでくれることもあります。

薬を飲めなくても叱ってはいけません。怒られた子供の中でイヤな思い出となって、更に薬嫌いになってしまう可能性もあります。薬を飲めたら褒めることで、子供の自信となって今後も飲んでくれるようになります。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ