冬本番!風邪本番?!ウイルスから身を守る方法

winter

寒い冬が近づくにつれて、大人だけでなく子供の間でも風邪が流行しはじめます。風邪予防の基本はうがい手洗い!家族間、幼稚園など子供同士で風邪の被害者・加害者とならないように風邪対策をしっかりするようにしましょう。

子供の風邪対策

風邪を予防する基本は「うがい」「手洗い」です。これは大人でも子供でも同じです。しかし手洗いはともかく、子供の場合はガラガラうがいができない、苦手な子も多くいます。その場合はできるのであればブクブクうがいでも、効果は0ではありません。また「マヌカハニー」は口腔内を殺菌する効果があるとされており、うがいのできない子供に食べさせているという意見もあります。

風邪をひきにくい環境を作る

冬に風邪をひきやすいのは、空気の乾燥が風邪の菌の繁殖に適しているからです。なので乾燥しないように加湿器を使ったり、室内に濡れタオルを干すなどすることで室内を上げることができます。

ラブポット/自然気化式加湿器

加湿器を使う場合は電気を使わない自然気化式や、本体が熱くならない超音波式の加湿器を選ぶと、子供部屋に置いても安全です。

風邪をひいた時の注意点

気をつけていても、風邪をひいてしまうことはよくあります。風邪をひいてしまったら、患者は個室に移し、看護する人はマスクをします。水分はしっかり補給して、栄養価の高いものや免疫力の高まるものを食べるようにしましょう。水分とビタミンが同時に摂取できるみかんなどのフルーツは、熱があっても食べやすいのではないでしょうか。

子供が風邪をひいて辛そうなのは可哀想ですが、風邪をひくことで免疫力が高まっていきます。風邪や病気も子供の成長には欠かせないものです。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ