痛い!母乳育児で乳首が切れるなんて

ごめん

赤ちゃんにおっぱいをあげると乳首が痛くありませんか?おっぱいが切れると母乳育児が大変になります。乳首が出血する前に工夫をしましょう。私の体験では赤ちゃんの抱き方を変えたり、乳首に軟膏を塗ったり、母乳パッドを変えたり。楽しい母と子の授乳タイムを楽しみたいですね。

母乳育児でおっぱいが痛い

始めて赤ちゃんを生んだママは、母乳を飲ませると乳首が痛くありませんか?新生児の赤ちゃんでも、母乳を飲む力はけっこう強いものです。一日に何度もおっぱいを吸われると、摩擦で乳首が痛くなってきます。

赤ちゃんの免疫力のために母乳育児が勧められますが、始めておっぱいをあげるママには乳首を痛める人もいます。

このままでは乳首が切れる!

赤ちゃん赤ちゃんが母乳を飲むたびにママの乳首は赤くなったり、ヒリヒリしたり…。ひどくなると乳首が切れて出血します。

切れてしまった乳首は痛くてたまりません!赤ちゃんに母乳をあげられなくなってしまいます。

おっぱいをあげるのは痛い事?

母乳育児を続ける間ずっと乳首が切れて痛いのかというと、そうでもありません。摩擦でヒリヒリ痛いのは、そのうち慣れて痛くなくなります。

いつ痛くなくなるの?

「授乳に慣れたら痛くない」とはいっても、それはいつ…?早く痛くなくなって欲しいですよね。

私の体験では、乳首は切れませんでしたがヒリヒリ痛くて、いつ血が出るかと不安でした。でも生後2ヶ月半頃には、まったく痛くなくなりました。

柔らか乳首は痛くない

だっこいつ乳首が痛くなくなるのか?助産師さんに聞いたところ「乳首が柔らかくなって、のびーる乳首になると痛くなくなるよ」とのこと。「伸びる乳首」??。

母乳育児を経験したママなら納得できると思いますが、赤ちゃんにおっぱいをあげていると、乳首が伸縮性を持ってびよーんと伸びるようになります。そうすれば大丈夫。「これまでの痛みは何だったの?」ってくらい平気になります。

乳首が痛い時はどうする?

乳首が痛くても母乳育児は続けたいですよね。でも痛いのはツライ…そんな時は

という方法があります。なんとか工夫して母乳育児を続けたいですよね。

おっぱい軟膏

母乳育児の人が乳首に塗る軟膏があります。馬油の人もいるそうですが、私はラノリンという羊の油を塗りました。商品名はランシノー(カネソン柳瀬ワイチ株式会社)という軟膏です。

ヒリヒリする乳首をパックする感じで、次の授乳までにおっぱいを癒してくれます。赤ちゃんの口に入っても大丈夫なので、授乳前に拭き取る手間が無いのも便利でした。

赤ちゃんの抱っこの方法

慣れない抱き方は緊張するかもしれませんが、いろいろな抱っこスタイルを試してみて下さい。赤ちゃんが乳首をくわえる角度が変わり、摩擦で痛い部分を避けることができます。普段は横抱きのママも、授乳の時には縦抱きや脇抱きを試してみて下さいね。

また、同じ抱き方でもクッションなどで微妙に角度を変えることができます。例えば同じ脇抱きでも、赤ちゃんの頭を上げ気味にしたり真横に変えたりするだけで、赤ちゃんの歯茎が当たる角度が変わりますよ。授乳クッションを使うとやりやすいです。

母乳パッドの選び方

母乳パッドを変える方法もあります。私は西松屋の安い母乳パッドよりも、ピジョンのちょっと価格の高い母乳パッドの方がやわらかく感じました。一番痛い時期はガーゼハンカチを母乳パッドの代わりにしました。

ガーゼが一番柔らかくて、おっぱいに優しかったですよ!



この記事の評価

★★★★★

  

▲ページトップへ