授乳服って本当に必要?産後のママファッション

mother

授乳服って本当に必要なの?出産前から母乳育児に備え、授乳服を用意しているプレママも多いですよね。授乳服は母乳育児にはやはり便利なものですが、授乳服専用でなくても代用できるものもあります。手持ちの衣類を上手に活用することで節約に繋がりますよ。

授乳服は本当に必要?

授乳服は赤ちゃんに母乳を与える時に、便利なように作られています。服を脱がずにスムーズに授乳できるので、外出先で授乳をするときにも安心です。

しかし必ずしも授乳服を使う必要があるわけではありません。普通の服でも授乳服の代わりに使えるものもあるし、襟ぐりの開きの大きいカットソーの方が便利だという方もいます。

clover

授乳スタイル

服を着たまま授乳をするには、

と3つのパターンに分けられます。どの方法がいいかは結局のところ個人差によりますが、必ずしも授乳服が必要になるとは限りません。

しかし寒い冬場にトップスをまくるのは寒いですし、外出先で大胆に露出するのも問題があります。そう考えるとやっぱり授乳服はあった方が便利。季節や自分の行動に合わせて購入しましょう。

授乳服代わりになる衣類

授乳専用ではない一般的な衣料でも、授乳期中に使えるものがあります。手持ちで使えるものがあればラッキーだし、産後に使えるから購入しても無駄がなく節約にも繋がります。

ブラトップ

Tシャツやキャミソールの内側にブラジャーの機能が付いているブラトップは締め付けがなく楽チン。リラックスタイムはもちろん、授乳時にも重宝します。

ブラトップならホックを付けたり外したりする必要がないので、少しずらすだけで簡単に授乳ができます。


犬印本舗 マタニティ 授乳ができるブラトップ

ブラトップの上にカーディガンを羽織れば外出もOK。値段も手頃で、購入しやすいのも魅力です。

スカーフ

外出先で授乳口をカバーするのに活躍する授乳ケープですが、授乳ケープにこだわる必要はありません。授乳ケープの代わりに大判のスカーフや、ストールを使っても問題ありません。


ベッタ 授乳用スカーフ

通常のスカーフでもいいのですが、授乳用のスカーフもあります。授乳用のスカーフは頭を通す部分があるので、授乳中にスカーフが落ちる心配がありません。

スカーフは授乳していない時にはファッションのワンポイントになるし、取り外して持ち歩く時もかさばらないのが便利ですよね☆

オシャレな授乳服

授乳服の購入を悩んでいる理由のひとつに、授乳服はオシャレじゃないというイメージがあるという方はいませんか?

しかし近年は授乳服もデザインが豊富で、流行を取り入れたオシャレなものになってきています。


ビューティ・ポンチワンピース(ジッパータイプ)

このワンピース、授乳服なんですよ!身頃とスカートの切り替え部分にファスナータイプの授乳口がついています。

デザインに違和感がないので、授乳口が不要になったあとでも普通に着られますね。


授乳服とマタニティ服のMilk tea(ミルクティー)

インターネットショップでも授乳服専門店があります。

マタニティ服と授乳服が兼用になったデザインも多くあります。兼用デザインだと長期間着れるので、節約に繋がりますよ。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ