ベビーカーを使うと熱射病になるってホント?

fh179_l

赤ちゃんと一緒にお散歩をするのにベビーカーは欠かせません。ベビーカーには屋根があるけど、熱中症になる危険性があることを知っていますか?熱中症を起こさずベビーカーを使う方法をマスターしましょう。

ベビーカーを使うと熱中症になる?

ベビーカーはおんぶや抱っこをするより負担がかからず、日除けも付いているので安心です。赤ちゃんとのお散歩やお出かけに欠かせないアイテムです。

しかし便利なベビーカーにも問題点があるのです。それはアスファルトからの照り返し。

真夏の直射日光に熱せられたアスファルトの道路は異常なほど熱を持っています。ママが歩く高さよりも、ベビーカーの中の方が気温が3〜5度高いという実験データもあります。

帽子やベビーカーの日除けを使っていても、地面からの照り返しによってベビーカーの中は高温の状態になってしまいます。

地面からの照り返し対策

ベビーカー使用中に熱中症が起きやすいというのは本当の話。しかし照り返し対策のされたデザインのベビーカーを選んだり、熱中症対策グッズを使うことで熱中症を予防できます。

ベビーカー


SORARIA(ソラリア) プレミアム ベルテッド イリス

座席が地面から50cmの位置にあり、地面から離れているので熱射病を起こしにくいデザインになっています。座席の位置が高いので赤ちゃんとのコミュニケーションが取りやすいのも魅力ですね。


【コンビ】ホワイトレーベル ディアクラッセ オート4キャス エッグショック

見た目は普通のベビーカーですが、通気性の高い構造になっています。体感温度を4°C低く感じることができるので、赤ちゃんも快適に過ごせます。

ベビーカーオプション

ベビーカーに取り付けることで熱中症対策ができるアイテムです。ほとんどのベビーカーでも使えるそうですが、ベビーカーの種類によっては使えないものもあります。購入前に確認した方が安心です。

日除けカバー


カトージ ベビーカー用大きなUV日除けカバー

ベビーカー全体を覆うカーテンのように取り付ける日除けカバーで、UVカット加工もしてあります。コンパクトに折りたたむこともできるので、遠出する場合にも重宝しそう。


アルタベベ ベビーカー用日傘 ベビーシェード

クリップで取り付ける、ベビーカー用の日傘。1000円以下で購入できるのもあり、値段は結構手頃。優雅な気分でお散歩ができそうです。

冷却シート


クール・ミー ベビーシート用 ひんやりシート

ユニークな形状のベビーカー専用の冷却クッション。

メッシュ、断熱材、メッシュの3層構造で、空気の流れがよく、汗や湿気がこもりにくくなっています♪夏だけでなく、冬場の使用もOKです。

断熱シート


ユグノー シャダンシート グレー

座席の下に敷くタイプの断熱シート。地面からの照り返し熱を遮断して、体感温度を3℃下げる効果があります!

こちらの商品のようにベビーカー専用の断熱シートもありますが、百円ショップで売っているアルミシートでも同じ効果があります。百円均一ならお値段も手頃なので、自作してみるのもいいかも。

熱中症を防ぐために

屋外だけではなく、室内にいても熱中症になる可能性があります。熱中症にならないためには、

の対策をすることが重要です。また、外出をするときは午前中や夕方など涼しい時間にして、室内にいる場合でも気温が高いときはクーラーや扇風機を使うようにしましょう。

熱中症は年齢を問わず誰にでも起きる症状です。体が未発達な子供は自分の体調について理解していないことが多いので、周囲の大人が気をつけてあげたいですね。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ