風邪予防にも 子供のための加湿器選び

gk058 l

冬場は空気が乾燥して、風邪を引きやすい環境になります。近年では加湿器を使う家庭も増えてきていますが、子供がいると加湿器を使うのが心配だという方もいるのではないでしょうか?子供がいても安心して使える加湿器の選び方をまとめてみました。

加湿器の種類

加湿器は大きく分けて3つに分類されます。

スチームファン式(加熱式)加湿器

タイガー スチームファン式加湿器

ヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変えることで加湿します。やかんでお湯を沸かすのと同じ原理ですね。

短時間で湿度を上げることができますが、噴き出し口が熱くなるというデメリットが。小さい子供がいる家庭ではちょっと不向きかも。

ヒーターレスファン式(気化式)加湿器

【シャープ】プラズマクラスターイオン発生機

水を含んだフィルターに風を当て、空気中に水蒸気を発生させます。

加湿力は低めですが、ヒーターを使用しないので本体自体は熱くならないので安全性があります。消費電力も少ないので節電にも効果があるのも魅力。

ハイブリット式(加熱気化式)加湿器

フカダック ハイブリット液晶加湿器

気化式(スチーム式)加湿器をベースに、湿度が低い時はフィルターに含んだ水分を気化させることで加湿量を調整します。スチーム式とヒーターレス式のいいとこ取りの構造です。

吹き出し口が熱くならない、湿度に応じて2つの方式を切り替えるので電気代の無駄がないなどのメリットがある一方、加湿フィルターの手入れが必要という面倒さがあります。

結局加湿器のタイプはどれがいい?

安全性 加湿力 電気代
スチームファン式 X
ヒーターレスファン式
ハイブリット式

トータルで考えてみると、小さい子供がいる家庭ではハイブリット式が一番選ばれているようです。

加湿器の種類によって「チャイルドロック」機能がついたものもあるので、購入するときの参考にしたいですね。

CCP(シー・シー・ピー)ペーパー式エコモイスト加湿器

電気を使わず、紙を使った加湿器もあります。加湿力は正直低く、気休めぐらいの効果だと思います。

しかし熱くならないので、子供部屋やベッドサイドにも安心して設置できます。デザイン次第でインテリアとしても活躍してくれそうです。

加湿器を使わずに部屋の加湿をする

部屋の加湿をするなら、やっぱり加湿器!sentaku2

まぁその通りなんですけど、もっと簡単に加湿する方法がありますよ。

それは洗濯の室内干し。洗濯物が乾く時に出る水蒸気で、室内が加湿されます。ペーパーの加湿器と同じですね。

洗濯物はお天気の日は外で気持ちよく干したいですが、冬場は外だと乾きにくいもの。暖房の効いた室内なら、洗濯物を乾かしながら加湿もできて一石二鳥。小さい子供がいても安全ですし、試してみる価値はありますよ。



この記事の評価

★★★☆☆

  

▲ページトップへ